FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

懐かしき老舗インド料理がデパ地下に。「タンドゥール 西武渋谷店」(渋谷)

二十数年まえ、いちばん食べていたインド料理、それは目黒駅前にある「タンドゥール」でした。
といっても、お店で食べたのは数えるくらいで、ほとんどはデリバリー。
インド料理は深夜仕事の愉しみだったんですよね。

「タンドゥール」の創業は1986年。
本田美奈子が長い髪をほどいてスター気取りだった時代。
最近はあまり目立つことのない存在でいた「タンドゥール」ですが、2016年、創業30年の節目でなんと西武渋谷店に進出したんです。
(今までもテイクアウト専門は池袋と渋谷の西武にはありましたが。)


「インド料理 タンドゥール西武渋谷店」

場所は地下二階レストランフロア。



解放感のある綺麗な店内です。


カレーは全て、ナン&ライス食べ放題つき。
カレー1種で1380円、2種で1480円と、2種のおトク感が際立ちます。


★SET MENU A ¥1480
・プロウンチリ
・サグチキン
・ナン


だったら、やっぱ2種ですよね。


プロウンチリは「タンドゥール」に昔からある独特なメニュー。
タマネギたっぷりの完全なドライタイプで、昔は結構辛かった印象があったんですが、今食べるとそれほどでも。

・・・というか、当時は気に留めなかったんですがこれ、インディアンチャイニーズ(インド中華)のエビチリですわ。

ここ数年、インディアンチャイニーズという食文化面白いなあ、と思っているのですが、20年以上前に私、結構食べてたんですねぇ。

当時はバターチキンとプロウンチリという組み合わせが多かったんですが、今回はサグチキンを合わせてみました。

このサグチキン、最近主流のガッツリ緑なタイプではなく、チキンカレーにほうれん草が入ったようなアプローチ。
サラッと爽やかにいただくことができました。

ナンはもっちりタイプ。
かといって、昨今のインネパ店でよく出くわす、スポンジみたいに不自然な食感ではなく、単に肉厚で焼きを控えめにした故のもっちり感。

なーるほど。

また、添えられた玉ねぎのアチャール、多分私がアチャールを初めて意識して食べた品なのですが、鼻に抜ける玉ねぎのツーンと感も当時のまま。思い出しました。

年月を経ていただくと、いろんな発見があります。

いろんなディテールが他インド料理店と異なるあたり、老舗ならではの楽しみですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インド料理 タンドゥール 西武渋谷店



関連ランキング:インド料理 | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3685-5fb5dc2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)