FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

食材店奥のネパール人秘密基地。「ベットガット」(新大久保)

一見コリアンタウンでありながら、着実に、凄まじいほどの勢いでリトルカトマンズ化が進む新大久保。

そこには華やかなネパール料理レストランだけでなく、在日ネパール人向けの憩いの場があちこちに隠れているんです。

今回はそんな中でも、知らなきゃ絶対見つけられないネパール大衆食堂をご紹介しましょう。

新大久保改札を出て左手側、線路沿いの路地を新宿方向へ。


ビルの狭間に小さなネパール食材店「カンティプールマート」があります。


躊躇することなく、食材店の中へ入っていきましょう。



こじんまりとした店内にはネパールの食材や日用品が所狭しと並んでいます。
はっきりいって、このお店に入ってもそこにレストランがあることなど、ほとんどの人は気付かないのでは?

・・・実はこのお店の奥には、こんな空間が広がっているんです。

「ベットガット」

まさにネパール人のみぞ知る、隠れ家食堂。
同様に食材店内にある「ソルティーカージャガル」と比べてもしっかりとした内装で、グループや家族連れの食事にも対応可。
しかも、日本離れしているのは場所や空気感だけじゃありません。


ネパール庶民に完全シフトした料理ラインナップと価格帯。
(けれど日本語メニューで安心)


お酒だってリーズナブルで、まさに天国。
一般日本人に知られていない今だからこその愉しみであります。


★生ビール ¥350

なぜかジョッキは板橋大山「富士ロック」のもの。
ネパール従業員も多い店ですから、何らかの接点があるのでしょう。


★ワイワイサデコ ¥300

やけに陽気な名前のこちら。
ネパールでポピュラーなインスタント麺「ワイワイ」を茹でずに炒め、スパイスや野菜と一緒にマリネしたもの。
ジャンクな味わいが癖になる一品です。


★カジャセットB ¥850

一見ダルバートにも見えますが違います。
押し米チウラを中心に、いくつかのおかずを組み合わせた「軽食セット」。


ただしこれ、日本人の感覚では充分な晩御飯ボリューム。
黒胡麻たっぷりのムラコアチャール、マスタードシードがツーンと効いたバトマスサデコなど、濃厚な味付けが酒に合います。


★ラムコーク ¥400

メニューにはないけれど作ってもらいました。
味の濃いネパールのククリラムで作ったラムコーク、好きなんです。

一度入ってしまえば居心地良い秘密基地。

東京に居ながらにして異国の日常を味わえますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ベットガット



関連ランキング:ネパール料理 | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3675-7c73bbc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)