FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

知る人ぞ知るカオマンガイの絶対名店。「モンコンワッタナー」(サパーンクワイ,バンコク)

バンコクのカオマンガイ屋として日本で有名なのは、ピンクのカオマンガイこと「ガイトーン・プラトゥーナム」と、緑のカオマンガイこと「クァンヘン」の2店でしょう。

しかしバンコクに行ったらもう一店、絶対的オススメのカオマンガイ屋があるんです。

BTSサパーンクワイ駅。
朝、通勤通学中の人々が立ち寄る屋台で賑わう路地にそのお店はあります。


「モンコンワッタナー」

以前、斜め向かいあたりにあったのが2015年10月近場に移転。
『激ウマ!タイ食堂』の情報によると、移転のタイミングでオーナーチェンジ。
現オーナーは前オーナーの甥にあたり、今も前オーナーが時々お店に顔を出すのだそう。
旧店舗の場所は「COFFEE INDY」というカフェとなり、こちらは前オーナーの娘さんが経営されているとのこと。



オーダーはベーシックな「蒸し」のほか「揚げ」つまりカオマンガイトーも選択可。
嬉しいことに「蒸し」と「揚げ」の合い盛りも可能。
なら、選択肢はひとつですよね。


★カオマンガイ(蒸し+揚げ)60THB

ああ、美しい。

蒸し鶏の肉質、しっかりと水分を飛ばした歯応え、ともに絶妙。
揚げ鶏の香ばしさも絶妙。

鶏がらスープで炊いたご飯の香り、お米の粒立ちもまた絶妙なら、旨味がしっかり出たスープもまた絶妙。
豚の血を固めたプルプルのルアッ・ムーまで付いていて実に豪華。

そして何より味の決め手となるタレのインパクト。
ニンニクがガツンと効いてちょっとズルいけど最強モード。




知らなきゃほんと、何気ない屋台の雰囲気で、サッと作ってパッと出てくる。
何の衒いもない安価かつシンプルな料理で、ここまで完璧な満足感。
バンコクNo.1カオマンガイじゃないでしょうか。

朝から多幸感に包まれて1日を過ごせることでしょう。


ちなみにタイ人の皆さんって、家を出るときから職場の制服着ている方が多いのですが・・・
この近くには病院があり、白衣で屋台に立ち寄る看護婦さんを見かけることもできますよ。

タイの椎名林檎的な。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ข้าวมันไก่มงคลวัฒนา



関連ランキング:タイ料理 | サパーンクワーイ駅 / アーリー駅周辺


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3621-a7b7d2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)