カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

スープから始まる本格インド料理ランチ。「インド料理 アマル」(青葉台)

青葉台にびっくりするほど看板がデカいインド料理店を見つけました。


「インド料理 アマル」

立派すぎてホテルと間違えちゃいそう。
早速入ってみましょう。


とはいいつつ、最初はそれほど期待してなかったんです。
インド料理に加えてタイ料理やベトナム料理もあるし、よくあるインネパ店(ネパール人オーナーによる擬似インド料理店の意)かも、って。


けれど、店内の雰囲気がちょっと違います。
この重厚感はまごうことなきインド。


さらに、ランチセットのスターターとして登場したスープ。
嬉しい誤算にやられました。


これは北インド式のスープ!
一見インド料理っぽくないので日本では認知が低いですが、高級インド料理店では立派な一品料理。
特に神戸「ショナルパ」の食前トマトスープには、ファンを瞬殺する魔力があるんです。

それが普通にランチセットについてるなんて・・・
とはいえ、こちらのスープはかなりのオリジナルテイスト。
クリーミィさを抑えつつ、トマトに加えニンジン、タマネギ、ショウガなどをミックスしたベジタブルスープとなっているんです。
甘さの中にツン!とスパイシーな独特の味わいがたまりません。

そして出てきたフルセット。

★タンドーリランチ ¥1250
・スープ
・タンドーリチキン
・シークカバブ
・カレー一品(マトン)
・ナン又はライス(おかわり一回無料)
・デザート
・ドリンク(アイスチャイ)


スープに続き感心したのはナン。
インネパ含む多くのインド料理店では「日本人はふかふかが好きだから」とばかりに不自然に膨らんだナンを提供することが多いのですが、こちらのナンはナン本来のミシッとした歯応えが味わえます。


マトンカレーもしっかりホールスパイスから仕上げた上質なもの。
訪問時間がランチタイム終了ギリだったこともあり、香りはだいぶ抑えられていましたが、ディナータイムならさらにシャープな仕上がりが期待出来そう。


タンドーリ料理には赤い着色なし。
素朴ながら誠実な味わいです。

正直、青葉台でここまでしっかりしたインド料理が(しかもランチで)いただけるとは予想していませんでした。
シェフはニューデリー出身、実に面白いお店です。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3551-63c69b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad