FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

実店舗始動、さらに独自性高まるスパイス料理割烹。「スパイス料理 ナッラマナム」(堺筋本町)

南インド、スリランカをはじめとし、アジアのあらゆる料理をミックスした独自の「スパイス料理」を展開し人気の「ナッラマナム」。

北新地と中崎町での間借り営業を経て2016年3月28日、堺筋本町についに実店舗オープン!!

「スパイス料理 ナッラマナム」


まるで寿司割烹のような店内。


座敷席まで。

そうそう確かに「ナッラマナム」はいわゆる「カレー屋」じゃない。
スパイス料理をテーマにした割烹と捉えたほうがより、存分に楽しめるお店なのかもしれません。
内装がそれを静かに伝えてくれます。

さて、「ナッラマナム」最大の話題性といえば、「え!こんなに!?」というほどの品数がズラーっと並ぶ「ゴージャス盛り」なのですが、この日は梯子の4軒目(笑)ということで、素直に基本セットを攻めてみましょう。

・・・って、

充分豪華すぎるんですが!!


★カレー一種プレート(緑の炒り米ポークキーマ) ¥1000

いやもう何が何だか、相変わらず凄い迫力ですね。
左のパクチードサッと乗っているのが緑の炒り米ポークキーマ。
スパイス使いはインド的なのですが、挽肉に炒り米というアイデアがイサーンのラープ的で面白いですね。
そしてその手前にある海老のカレーが出汁出まくりで超濃厚!!
この2つを軸に、ポリヤル的な野菜やら、ラペやら、スープやら、いろいろな組み合わせで混ぜていただくのですが、重層的な味わいの変化が実に面白いんです。


そして、ライスに載ったこの大豆。
カリッカリな上に甘くコーティングされてるんです。
こりゃあビックリのフェイント、気に入りました。


さらに後半戦、特製スパイスオイルで味変にトライ。
いわゆるコク、旨味が一気に増します。
やっぱり油は正義ですね。

かつての間借り時代にもインドやスリランカを基調としつつ、独自解釈のスパイス料理を組み込んでいた「ナッラマナム」ですが、今回はさらに独自性を推し進め、インド料理でもスリランカ料理でもない、「創作スパイス料理」となってきた印象。

シェフ井川さんによる丁寧なナビゲーションも健在で、やはりここは最早、「スパイス料理割烹」なのではないかと再確認した次第。

食べるのが大好きな可愛らしい奥さんもやってきて、ますますの進化が期待できるお店なのでした。

ゴーゴー独自路線!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイス料理ナッラマナム



関連ランキング:インド料理 | 堺筋本町駅北浜駅本町駅



関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3535-15647698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad