FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

2017年、このキーマカレーに注目!大阪欧風カレーのナイフエッジ。「さぼてん食堂」(肥後橋)

スパイスカレーが全国区の知名度を獲得しつつある大阪。
けれど、スパイスカレー以外にも注目すべきカレー店があることを忘れてはいけません。

「さぼてん食堂」

近頃話題の欧風カレー店です。

訪問当日はちょうど「ぴあ究極のカレーAWARD2017」発表の日。
「さぼてん食堂」は見事、欧風カレー部門のグランプリを獲得しました。


「さぼてん食堂」の前身は福岡・西新にあった「大自然カレー」。
2013年に店を閉め大阪へと移転、「さぼてん食堂」となりました。


ご店主の森川さんによれば、「さぼてん食堂」のカレーは「大自然カレー」で出していたものとは異なり、
「大阪の地にあわせ進化させた」カレーとのこと。

欧風カレーといえば一般的に、ちょっと保守的なイメージを持たれる方が多いと思いますが、ここはその逆も逆、攻めていますよ。


激辛に牛カツに炙りチーズ・・・辛さと提供時間の目安が書かれているのも親切ですね。

ぴあで紹介されたこともあり、最近は牛カツカレーのオーダーが増えているようですが、ちょっと今回は、このお店の「キングofキング」と紹介されるキーマカレーを注文してみましょう。


★キーマカレー ¥990

おぉ、これは魅惑的!!
ライスの上にドバっとかけられたウェットキーマ、その上に温玉とクリーム。

キーマは超粗挽き、肉感あふれる弾力がたまりません。
それを包み込むカレー自体はホールスパイスが立体的に使われており、かなり辛めの仕上がり。

いやいやいや、ここまで肉食とスパイス食の悦びに溢れたキーマカレー、なかなかお目にかかれませんよ!
まさに逸品と呼ぶべき欧風カレーであります。

実はこの店を訪れる直前に「百福」でダルバートをいただいており、
それなりに腹いっぱいなところにドーン!とデカい皿が登場したものですから、「おっと大丈夫かな?」と思ったんです。
欧風カレーって腹にたまるイメージもありますから。
けれど、食べてビックリ、スパイスも立っているし、ズバッとした辛さ、クリームと玉子による変奏、そして肉の食感の楽しさと、
気が付いたらぺろり、ぺろり、です。

しかも食べた後も全然重くないんですね。

これは素晴らしいことです。

東京からだと頻繁に訪問するのは難しいものの、ここは再訪したいお店。
けれど、次回別のメニューに挑戦するか、またこの逸品キーマを食べるか、実に悩ましいところであります。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

さぼてん食堂



関連ランキング:欧風カレー | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3528-07ec4e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad