カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

カウンター4席の小さな小さなケニア料理店。「サバンナ」(経堂)

経堂ってのはホントにいろんなお店がある街です。
駅南口すぐにあるビルの地下食堂街、カウンター4席のみの小さな小さなお店。

「サバンナ」

じつはここ、アフリカ・ケニア料理のお店。
2012年のオープン時には日本唯一、その後五反田に一軒できたものの、ほかには見当たらないほど貴重なケニア料理。


厨房にはケニア人のルリさん。とっても気さくで優しい方。
小さなお店なので、おしゃべりするのも楽しいですね。



料理を待っている間は目の前のスワヒリ語講座に目を通しましょう。

「食事」=「CHAKULA」、「旅」=「SAVANNA」・・・・なるほど勉強になりますね。


★タスカー ¥800

ケニアのさっぱりしたビール。
他のアフリカ料理店でも置いているところはたまにあるのだけれど、
ケニア料理店でいただくケニアビールというのが貴重なのです。


サービスで柿の種が付いてきました。
こちらは特にケニアというわけではありません。


★スパイシーミンチ Nyama-syaga ¥860

日本語メニューではわかりやすく「スパイシーミンチ」。
ケニアではニャマシャガと呼ばれる挽肉炒め。
お肉は牛と豚のあいびきで、クミンで味付けがされています。

スワヒリ語で「唐辛子」は「PILI PILI(ピリピリ)」、ピリピリするのは好きなので、ピリピリも効かせてもらいました。


といいつつ、味付けは実にシンプル。
まさに挽肉です。

・・・しかし、店内より背後のビル廊下が明るくて、料理に自分の影が落ちちゃう。
この店、写真難しいなぁ。


★カランガ karanga ¥1300

こちらは骨付き羊肉とピーマンの炒め。
塩味ガツッと強めで、単品だとかなーり味が濃い感じ。

ということで、こちらを合わせてみました。

★マンダーシ Mandasi ¥200

ケニアの揚げパンみたいなものなのですが、小麦粉に玉子と牛乳を加えて作っており、フワッとリッチな味わい。
ケニア現地の貧しい村では卵や牛乳が使えないため、水で作ることが多いようですが、ここは日本。
環境が整っています。


カランガをマンダーシに挟んでいただきます。

お、これは丁度よいぞ。パクパク行ける。

まだ知らぬ異国料理をいただく大きな楽しみのひとつに、その国の食習慣や、さまざまな文化を知るということがあります。
その点では、このお店の狭さ、店主ルリサンとの距離の近さはまさにうってつけ。

単なる食事を超えた、楽しいひとときを過ごすことができました。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3518-56b97fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad