カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

奇遇すぎる奇遇。真夜中路地裏の蜃気楼。『ドラゴンカレー in 蜆楽檸檬』(北新地)

あぁ、離れようとしても、離れようとしても、カレーの神様は私を離してくれない。

それはもはや、呪いにも似た異様な・・・・

6月4日は奇妙な日であった。
朝、毎月第一日曜にしかやっていない朝カレーをいただきに、だいどう豊里「f-cafe'」に。
その後、年一回の大イベント「口癖はカレー@味園ユニバース」でカレーを食べまくり、
さらに夜、裏で行われていたイベント「カレーにくちづけ」へも乱入、流石にカレー腹もパンパンになり、
「究極のカレー腹アワード2017」にノミネートされるんじゃないかという危機を感つつ、
「うん、今日はもうカレー打ち止めにしよう!」と固く誓ったのが夜の12時。

けど、けどね。
折角大阪にいるんやし、もう一杯、もう一杯くらいいいよね。
と、ふらっと北新地へと繰り出す。

焼きとんか、海鮮か、ちょいちょい摘まみながら。カレー以外もたまには・・・ね。

ところが、目当てにしていたお店はことごとくラストオーダー後。またはシャッター締まってる。
むむむ・・・ここまで来て引き下がれないぞ・・・・

と、その時。目の前の路地から何やら輝く光が!!


スタンド居酒屋?
今の気分にちょうどいいかも。


お、生搾りチューハイ!いいね~!


「蜆楽檸檬」

ちょっといい店見つけました。


しかも何やらDJイベントやってるみたいっすね。



生搾りチューハイも種類があるみたいだし、何注文しようかな~

・・・って、え?

い、いや、ちょっと待て。

「ラムキーマ」って何さ???

え?え?え???

『薬剤師が作る薬膳カレーの日 Vol.15』!?

・・・やっちまいました。
もう今日はカレー食べないと誓ったのに、無意識にカレーと惹き合ってしまいました。

しかも聞けば、月一回、第1日曜の夜しか現れないカレーなんだそうで・・・やり過ごせるワケがないったらない!!


カレーをいただくのは、室内のカウンター席。
このスペースは普段『蜆楽紅鯨』という名で餃子を提供している場所。
しかも平日昼間は『すりらんかごはん ハルカリ』って、あらここがそうだったんだ!

もう何が何だかわかりませんが、カレーの神様に愛されてるのか呪われてるのかわかりませんが、とりあえずカレー食いましょう。


★あいがけ3種 ¥1000
・実山椒 ラムキーマ
・チキン&胡桃 野菜キーマ
・あさり&帆立 フレッシュグリーンチリ
・明太ポテサラ
・レモンローストポーク
・マグロ&サーモン 塩わさびマリネ


うわぁ、これまた美麗なり!!

ちょっとこれ、ガチで本気なヤツじゃないですか!!


二種のキーマ、実山椒プシュプシュ、胡桃コリコリ、グリーンカルダモンもドッカン入っていて、「薬膳カレー」という優しい響きとは対極のビシバシ系。

対する白いカレーはアサリと帆立入りで、一見優しく見えるも、抜けるようなグリーンチリが爽快。
帆立に染み込んだグリーンチリ、なかなか良いもんっすな!

香り、旨み、刺激に加え、食感の変化も面白い、かなり個性的なカレープレート。

実に掘り出し物の美味さでした。
満足すぎる満足!!

・・・で、この月イチの夜だけ現れるこのカレー屋、屋号はなんて言うの??
と聞けばどうやら、

『ドラゴンカレー』

ということらしい。

シェフを務める美人薬剤師さんの名前が龍田さんということで『ドラゴン』。

その名に相応しい迫力のカレーでございました。

・・・おっと、忘れるとこだった。
生搾りチューハイも飲まなきゃ。

★生搾りチューハイ 八朔

いやぁ、大阪の夜は幸せっすなぁ。

夜も深くなり、一人一人と消えていく客たち。
けれど、全身に感じるのは、ヒトならざるモノたちの視線。


いつでも、どこにいても。


カレーの神様は。


私たちをずっと見張っているのですね。


夢か現か、路地裏の蜃気楼のような体験でした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

蜆楽檸檬



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 北新地駅東梅田駅大江橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3501-0e3e86f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad