カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

カリケンミコノスから実店舗へ。大阪イチ注目の新店。「定食堂 金剛石」(松屋町)

心斎橋の鉄板バル『食堂ミコノス』で日曜ランチ時のみオープンしていたカリー研究所「カリケンミコノス」。
その中尾シェフがミコノスを卒業し、自らのお店をついに完成!


「定食堂 金剛石」

2017年4月7日松屋町にオープン。
インド、スリランカのみならず、東南アジア各国にまでレンジを広げ、現地の料理をベースに独自の創作カレーを生み出してきた異才・中尾シェフの新店とあって、この日も11:30の開店時間には早くも行列が。
(「カリケンミコノス」時代の記事はこちら。)


カレー屋?定食屋?それともバー?


なかなかお洒落に決まった内装です。
お店を一人で仕切る中尾さんが、順番にオーダーを確認。


「定食堂」を名乗る通り、メニューは「定食」と「Curry」の2種。

「定食」はなんと、台湾とスリランカが融合した「魯肉パリップ飯」に複数のおかずがつく豪華仕様。
東京「魯珈」をも髣髴とさせる融合系メニューに食指が動きますが、この日のカレーの誘惑には勝てませんでした。


★Curry ¥900
・スリランカクラブ
・ミックスライス(ジャスミン米&ひとめぼれ)
・じゃがいも小松菜テルダラ
・シーニサンボラ
・色々野菜のサンボラ
・小盛り -¥100
・煮卵 +¥100


あまり普段食べられない、スリランカの蟹カレー!
連食の予定があるため小盛でお願いしたのですが、なかなかの美麗ビジュアルです。

早速いただいてみましょう。

カレーに染み出した、ワタリガニの旨みがとにかく強烈!
パリップや各種サンボラとのバランスも抜群で、流石のセンスですな。

「カリケンミコノス」時代にも感じた、卓越したセンスと実力は間違いなし。

これからどんなお店に進化していくのか、実に楽しみです!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

定食堂金剛石



関連ランキング:インドカレー | 松屋町駅谷町六丁目駅長堀橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3496-d68f537a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad