カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

駅前の、現地式カジュアルインドネシア料理。「Bintang Bali ビンタンバリ」(大久保)

大久保駅北口改札ど正面。

雑居ビルの中にできたインドネシア料理店&カフェ。


「Bintang Bali ビンタンバリ」

オープンは2016年の春ごろかな?
インドネシア人が営む、ハラール対応のお店です。
人口の9割がムスリムの国として知られるインドネシア、
モスクがありハラール食材を扱う店も多いこの界隈はまさにうってつけの立地といえるでしょう。

もっとも、インドネシア国旗に描かれる神鳥は、ヒンドゥー起源のガルーダであったり、
この店の名前にもあるバリ島では人口の9割がバリ・ヒンドゥーという独自進化した宗教に帰依しているわけですが、
それらすべても、インドネシア建国原則パンチャシラに記される「唯一神への信仰」という原理に束ねられているわけですね。

つまり、インドネシアにおいては、「神を信じる」ことこそが重要であり、そのアプローチはムスリムに限らずヒンドゥーであってもキリスト教であっても仏教であっても容認されているんです。
ただし、無神論者は違法として罰せられるので注意です。


さて、こちらのお店、内装はかなりシンプルカジュアル。


インドネシア人が普段使いできる食堂といったイメージです。

メニューはカレー的煮込み料理から、焼き物、麺類やご飯ものなど幅広くラインナップ。
ランチメニューにはごく少数の選択肢しかないのですが、お昼でもグランドメニューからオーダー可能となっているようです。

が、この日はさっくりランチをしたかったので、あえてランチメニューの一番に乗っている「カレー」を注文。


★チキンカレー(kari ayam)セット ¥600

アヤムは鶏肉ですから、kari ayamとはまさにチキンカレー。


スライスニンニクガッツン!胡椒ガッツン!な完全スープ状のカレー。
kari ayam用のカレー粉的ミックススパイスを用いていると思われ、日本人がイメージするカレー概念にもフィット。
味濃く、具材少な目でスープメインであることから、どことなくラーメンスープをも髣髴とさせる味わいです。

豪華さはないけれど、なかなかソツなく美味しいですよ。

お店が雑居ビルの中なので、最初ちょっと尻込みする人がいるかもしれませんが、
実際は駅前で気軽に利用できる、便利なお店なのでした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ビンタン・バリ



関連ランキング:インドネシア料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3471-75e4018c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad