カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

神宮前ロック&ポップ。「カレーファクトリーバル 移民の歌」(明治神宮前)

神宮前に、ちょっとカッチョエエ店名のカレー店がオープン。

「カレーファクトリーバル 移民の歌」

実に音楽的、かつ神宮前ポップカルチャー的な店名、そして内装。


日本人マネージャーのもと、厨房やフロアで働くのは、ネパール人の皆さん。
確かに「移民」、そこに偽り無し。
巷に溢れる「本場シェフ」という売り文句よりキャッチ抜群。

で、どんなカレーを提供するのかと思いきや、逆にビックリしたのは、実にオーソドックスなインネパ店的メニュー構成であること。

但しルックス的には、北インド系ながら葉っぱモチーフの皿(「ケララの風Ⅱ」「いちじく」など南インド系店にあるアレ)を用い、個性を押し出しています。


★Dセット ¥1180
・カレー2種(ラム、ほうれん草チキン)
・サラダ
・ナンとライス
・スパイシー炭火焼チキン2pc
・ソフトドリンク


カレーは辛さ指定はないものの、デフォルトで辛め。
クリーミィでニンニク強めという、ハッキリとした味つけで、誰もが「美味い」と感じる落としどころ。


インパクトあったのはこのスパイシー炭火焼チキン。
このネーミングなのでひょっとしてタンドリー窯用いてないのかな?と思ったのですが、しっかりタンドリー窯で焼いてました。
タンドリーチキンです。
ですがブラックペッパーがガッツリ効いていて完全に酒のツマミ。
「バル」の面目躍如です。

「BRAKES」「MOKUBAZA」「ヨゴロウ」など、エッジィで個性的なカレー店がひしめく神宮前エリア。
逆に、ナンやタンドリーチキン、バターチキンといった、万人ウケするインド料理ニーズに応える店があまりなかった(実際にはあるにはあるけれど、ファッション感度高い人たちがそそられない雰囲気ばかり)この場所。

確かにエリアマーケティング的には、スタイリッシュにブランディングされたオーソドックスなインド料理店という業態がズバリ嵌る可能性がありますね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3466-4fc565d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad