カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

福岡が誇るリアルパキスタン食堂。「マルハバ ハラルフード」(箱崎)

モスクある処、リアルパキスタン料理あり。

福岡・箱崎。

「マルハバ ハラルフード」



本来こちらはムスリムのためのハラール食材を扱うお店。
賄い料理をお客に振るまっていたのが評判になり、本場のパキスタン料理を求める日本人ファンたちの応援によって今のカタチになりました。


オーナーはカラチ出身のジャマールさん。
今でも、自分が食べたいと思う家庭料理だけを提供するモットーで経営。

お店を手伝う息子のハリスさんは長身小顔で現代的な好青年。
完全日本語ネイティヴですし、お店のディープな雰囲気と裏腹に、とっても敷居が低いアットホームさを醸し出しています。


メインメニューは日替わり。
金曜から日曜にかけての週末ビリヤニが用意されている確率が高いみたい。


★MUTTON BIRYANI ¥1500

この日は土曜日。
ありました、ビリヤニ。
黄色、茶色、白の色ムラも美しい、しっかりとしたシンディビリヤニ。
米はパラッパラまではいかないしっとりタイプ、味はガッツリ濃いめの塩気たっぷり。
これはお酒が進みそう・・・なんて考えちゃ駄目。
ここ、ムスリムのハラール食堂ですから。


★BEEF NAHARI ¥1600

和牛のニハリ。
ここではパキスタン読みで「ナハリ」といいます。
ナハリは和牛にこだわるというジャマールさん。
何故?そりゃ美味いからさ。


★CHICKEN KARAHI ¥1500

チキンカラヒ。
これが意外にも抜群に美味かった!
お店で販売しているミックススパイスを用いているのでしょう、肉の旨みと油、スパイスのバランスが絶妙で涙が出ます。

全体にパキスタンらしい、肉!塩!油!の濃厚チューニングがインパクト大。

福岡カレー界のレジェンド「スパイスロード」高田さんはじめ、カレー業界にファンが多いこのお店。
福岡カレー文化をかたちづくるマスターピースの一つとして、カレー史に名を刻むことでしょう。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハラールフードマルハバ



関連ランキング:パキスタン料理 | 箱崎駅箱崎九大前駅貝塚駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3431-892188f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad