カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

タイ料理のジャイタイがペルー料理に進出!「ジャイタイナスカ」(乃木坂/六本木)

成田空港や秋葉原、沖縄にも店を構えるタイ料理店「ジャイタイ」がまさかのペルー料理に進出!


「ジャイタイナスカ」

「イタイジャナイデスカ」
「ジャイタイジャナインジャナイスカ ジャイタイナンスカ」

などと、脳内誤変換を誘発する素敵な名前ですね。


店内空間を支配するのは、巨大かつ豪勢なタイ式のカヌー!

あれ?ペルーリョウリニシタンジャナカッタデスカ?

実はここ、メニューの半分がペルー料理、半分がタイ料理という、ハイブリッド店だったんですね。

素敵なカオスであります。


★クスケーニャブラック ¥750

日本では珍しい、クスコーの黒ビール。
いや、ペルー的には「セルベッサ」。
カラメルのようにネットリ濃厚な味わいが独特です。


★ピスコサワー ¥800

はい、ペルーといえばピスコサワー。
ペルーの国民酒ですね。
ホイップされた卵白もしっかりペルー式。
現地でも色々なピスコサワーをいただきましたが、こちらのお店のは結構うまい部類かと!


★カウサ レイェナ デ アトゥン ¥1000

辛くない黄色いアヒ(唐辛子)を用いたポテト&ツナサラダ。
あ、「猫六」のポテサラにそっくりですね。


★アンティクチョス ¥950

クミンなどのスパイスが効いた牛ハツの串焼き。
ペルー料理って、アンデス原住民の料理に加え、中華料理やスペイン料理のエッセンスが混ざっていて、独自の料理大系を形づくっているのですが、こちらはまさにそう。
現地のバーベキュー料理にシルクロード由来のスパイスが加わっているんです。

といっても辛さは控えめ。
ハツのコリコリとした食感が存分に楽しめます。


★アヒ デ ポコ ¥1250

こちらこの日のメイン!!
通称「ペルーのカレー」こと、アヒ デ ガジーナ。
ガジーナは雌鶏の意味なのですが、こちらポコは雄鶏。
つまり、料理としてはほぼ同じで、辛さがなく香ばしいペルーの黄色いアヒ(唐辛子)を用い、鶏肉と野菜、チーズを煮込んだ料理。
それをライスとワンプレートで合わせた様はまさにカレーライスなんです。

辛くはありませんが、グラタンやリゾットにも通ずる味わいで、クセになる美味さ。

アヒ デ ガジーナ(ポコ)も現地で色々食べましたが、ここのは結構美味しいですね。


★チャーン

最後はタイのセルベッサ、もといタイのビールでシメ。

今回はペルー料理押しで攻めてみましたが、タイ料理押しで攻めたらまた全然違う楽しみが待っていそう。

まさに一粒で二度美味しい店。

マタキタクナルジャナイスカ!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3420-0b2048a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad