カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

茨城名物・辛くて甘いカレーどら焼き!?「志ち乃 つくば店」(つくば)

つくば駅から歩いて40分。
スリランカ料理店「アンマー・カリヤ」のほど近くに、たいそう立派な「どら焼き専門店」が!

「志ち乃」

駐車場には遠方からと思われるナンバーの車が何台も。
わざわざ車で?どら焼きを?
と思ったりしたのですが、私もわざわざ徒歩40分かけてここへ来たので人のことは言えません。


早速入店してみましょう。

店内にはあらゆる味のどら焼きがズラリ。

小倉にチーズに栗に抹茶に梅にアールグレイにカレー・・・

え?カレー!?


★伽哩銅羅

こちら「どら焼きにあわせた志ち乃特製オリジナルカレー」を用いたどら焼きとのこと。
凄い!早速試さねば!

イートインはないので、テイクアウト!


他のどら焼きと異なり、完全密封されたパッケージ。
そりゃそうでしょう、他のどら焼きに匂いが移るといけませんからね。


一見しただけでは、カレーどら焼きとは分かりません。
知らずに食べたらビックリしそう。


カットしてみました。
おおおぉ・・・・イメージしていた以上にカレー、ぎっしりずっしりカレーが詰まってます。

いただいてみましょう。

うわ、どら焼き生地にしみないよう、水分を抑えたドライタイプ、なかなか濃厚でスパイシーなカレーです。

そして、おおぉ?

ふわっとした食感のどら焼き生地から、じわっとくる、蜂蜜の甘み。

まさに「はじめ辛くてあと甘い」不思議な味わい。
実に面白いですよ。

考えてみれば欧風カレーやインドカレーだって、甘いチャツネを合わせてバランスとったりするわけで、こちら「伽哩銅羅」で言えば、具材のカレーは甘さのない辛口、どら焼き生地が甘さを加え、全体バランスを構成しているってわけ。

なるほど感心です。

実はこの日、カレー以外にもカスタード、梅、アールグレイと試したのですが、いずれも当たり。
どら焼き自体がしっかり美味しいので、どんな味になっても芯がぶれないんですね。

この「志ち乃」、本店があるのは土浦。
他に守谷と柏にも支店があるようですが、それぞれのお店で扱っているどら焼きのバリエーションは異なるみたいです。

茨城名物と呼んでいい個性派「カレーどら焼き」ぜひ試してみてくださいまし。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

志ち乃 つくば店



関連ランキング:和菓子 | つくば駅


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3417-375f725d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad