カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

食材店カスタムタイ料理の〇夢。「インム アロイ」(伊勢佐木長者町/日の出町)

横浜、伊勢佐木長者町から日ノ出町にかけて広がるタイ料理店密集エリアには、タイ人のタイ人によるタイ人のための料理店が溢れかえっています。

なかでもこちら、なかなかディープな体験ができるお店。

「インム アロイ」

タイ人御用達、タイ食材店併設の食堂です。




店内はほぼ100%タイ人。
けれど大丈夫、ここは日本。
ちゃんと日本語メニューもありますから。



「バラミツ カレー軟骨」「ラオス カレー ペースト、タケノコ、」


「野生のパパイヤのサラダ」「パパイヤ、サラダ、カニ、魚、」


「カオは、スパイシーなチキンをヤム。」


「トム ヤム クン澄んだ水」


「ホカレー。」

・・・アメイジングな文字列から、料理の内容をイメージするのも楽しいじゃないですか。


お冷やはバイトーイ(パンダンリーフ)味。
これは嬉しい。

料理がやって来るまでの間は、食材を眺めながら待ちましょう。


★ヤムネムクツ ¥1000

いわゆるヤムネームクルック。
タイソーセージ「ネーム」と煎り米、ピーナッツなどと野菜を和えた、イサーンの酸っぱ辛いサラダです。
辛さの調節はオーダー時に。
私はもちろん、「イサーン辛で」ですよ。


★カイジャオ ムーサップ

意外に見落とされがちなオススメメニュー、タイの豚ひき肉入り玉子焼き。
口の中が辛さでヒートした時の口直しにも最高なんです。

さて、ここで、この店ならではの料理がやってきましたよ!!

★トムヤムプラーチョン

実はこれ、食材コーナーにあったプラーチョン(タイの雷魚)の干物を指差し「これで何か作って!」とお願いしたもの。

プラーチョンの男前な顔つき、グッときちゃいますね。
味はといえば、トムヤムクンの海老が雷魚に置き換わった感じなのですが、干物なので生臭さもなく、筋肉質な歯応えの中に旨味がギュッと凝縮されています。

これはホントおすすめできる一品。
食材コーナーにプラーチョンがあったら是非、交渉してみてくださいね。

締めはご飯モノ。

★カオマンガイトード

タイ人も日本人もみんな大好きカオマンガイ。
こちら揚げ鶏バージョンも衣がカリッとしてて最高です。

完全現地仕様に付き、日本語でのコミュニケーションに若干の不自由はあるものの、十二分にアメイジングな体験ができるお店。
同じく食材店併設の「J's Store」が某ログの点数向上とともに怪しさが影を潜めてきた今、マニア希望の星といえるでしょう。

同ビルの二階は、朝まで歌い踊り狂えるタイ料理「ナムチャイ」ですので、パワフルなあなたには梯子をお勧めします!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3416-7e3aca11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad