カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

神奈川では貴重な現地式ネパール料理。「カラス」(藤沢)

神奈川県では数少ない、現地式ネパール料理を提供するレストランが藤沢にあります。

「カラス」

なかなかインパクトある店名ですが、カラス(Kalash)は神様へお供えする壺のような器。
けれど日本人的には覚えやすくて良いですね。


都内では新大久保をはじめとし増加する現地式ネパール料理店。

あえて「現地式」と呼ぶのは、一昔前までは一部を除く殆どのネパール人レストランがインド料理、それも彼らが日本に来て初めて口にしたナンやバターチキンなどのテンプレメニューをメインで提供し、たまにモモなどのネパールメニューを入れている感じのお店だったから。
(今でも多くのお店がそうです)

ネパールの国民食ダルバートをはじめとする、ネパール本来の料理を提供するレストランは、都内以外ではまだまだごく少数派。
いや、単に珍しい料理が食べたいってだけじゃないんです。
ネパール人本来の味覚って、日本人の(しかも呑兵衛の)味覚に近く、絶対ウケるのに、「日本人はナン好きだから」なんて思い込み教育で、提供の機会が失われているのが本当にもったいない!


サービスでスープをいただきました。


★ファパル ¥400

こちら蕎麦で作った「ロキシー」、つまりネパールのそば焼酎。


★タース ¥750

ほど良き噛み応えでジューシーなマトンバーベキュー。


★チャタマリ ¥500

いわばネパールのお好み焼き。
胡椒が効いてて酒の肴になりますよ。


★生ビール

ネパール料理は酒が進んで困ります。
そろそろ、ダルバートを頼んでみましょうか。


★カラスセット ¥1450

ノンベジ2品の豪華ダルバート。
チキンとマトン、辛口でオーダー。


ダルバートの要となる「ダル」スープはミックスダル。
「バート」つまりご飯はバスマティライス。


チキンカレーはシャバシャバな完全ネパール仕様。
タルカリ(おかず)やアチャールも味付けサッパリめで、日常食としての素朴な魅力に溢れています。
一方のマトンカレーはトマトが効いてドロッとしたリッチタイプ、こちらはインド系セットと共通なのかも知れません。
辛口オーダーで充分な辛さでしたよ。

ライスとダルスープはおかわり可能。
お腹いっぱいいただけるのですが、この日はもう一品トライ。


★テュッパ ¥750

テュッパつまりトゥクパ、ネパールの汁麺です。
よくあるのはラーメン鉢のような器での提供ですが、ここのは薄い皿。
長崎ちゃんぽんみたいですね。

んで、味のほうも胡椒が効いてどことなく長崎ちゃんぽん風。
これがなんとも親しみあって美味かった!
麺屋として、これだけ目当てに来ても良いレベル。

ダルバートでお腹を満たすもよし、居酒屋使いもよし、軽くラーメン屋かわりに使うもよし。
神奈川を代表するネパール料理店のひとつとして、応援していきたいお店です。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
カラス



関連ランキング:ネパール料理 | 藤沢駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3414-bba480be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad