カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

謎多き、「伝説」の老舗カレーライス。「ツリートップ」(巣鴨新田/大塚)

大塚の外れに、知る人ぞ知る老舗カレーショップがあります。

「ツリートップ」

入口には「印度カレー」と書いてあるのですが、まぁちょっと待ってください。


店内は「山小屋×アメリカンダイナー×サッカーファン」といった独特の空気感。

そして否応なしに目に入るのが、この説明書き。


『40年の伝統を持つカレーショップ「富士」のカレーそのもの』

『伝説の「インドカレー富士」伝統のスパイシーなカレー!』


とにかく何やら凄そうなのですが・・・・
この「富士」なるカレーショップとは果たして??

ネットで調べても出てきません。

この「ツリートップ」が紹介されている、小野員裕さん著の『東京カレー食べつくしガイド104/380店』(1998年刊)においても、
すでに「富士」なる店は謎とされてるわけです。

となればこの謳い文句自体おそらく90年代にあったわけで、「40年の伝統」ってのはどこまで更新されているのか・・・

とにかく謎が謎を呼ぶわけですね。

そして、最大の謎はこちら。


★ポークカレー ¥700

カレーが完全なる昭和ニッポンカレーライスなんです。
グリーンピースまでトッピングされていて、良き昭和の香りがプンプン。

入口から店内の能書きまで、あれだけ印度をアピールしつつのこの落差。
ちょっとしたインパクトです。


こちらのカレー、「バラ肉、牛スジ、鶏ガラ、野菜からとったスープに鰹節や醤油を加え、じっくり煮込んで4日間寝かせたカレー」、とのこと。
インドというコトバが水平線の彼方へ消えて行ってしまう和式製法です。

しかしそれでもスパイスがガツン!と効いてるとか、案外辛口だとか、シャバシャバしてるだとか、そういう部分で「インドカレー」を名乗る店も昔は多かったですから・・・・

・・・で、こちらのカレーはどうかというと、スパイス控えめ、辛さは超マイルド、とろみたっぷりのホッコリカレーなんですね。
油少なく重さもなく、スッと胃に消えるようなカレー。

インド人もある意味ビックリです。

このカレーがなぜ、「印度カレー」なのか??
そして、伝説の「インドカレー富士」とは一体なんなのか???

謎は深まるばかりです。

※どうやら「富士」というカレーショップは昔、桜台の近くにあったお店だとか。
しかしそれ以上の詳細は不明。情報求む!!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ツリートップ



関連ランキング:カレーライス | 巣鴨新田駅大塚駅大塚駅前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3413-abc3f6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad