カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

つくばの激ウマスリランカカリー。「アンマー・カリヤ」(つくば)

茨城県って実は、東日本随一のスリランカ料理天国なんです。

といっても、どこかにお店が集中しているというわけではなく、点在、まさに点在。
多くの店が電車だけでは容易に辿り着けない場所にあり、制覇は実に困難です。


この日はつくばエキスプレス終点つくば駅から歩いて・・・


歩いて歩いて・・・


徒歩40分ちょい。

ホント歩きました。


「アンマー・カリヤ」

入り口で靴を脱ぎます。
歩き疲れた足にはありがたい。


鮮やかなグリーン壁が印象的な店内。
合成素材の撮影がしたいな~なんて職業病。


ディナータイムは、ワンプレートセットなどではなく、単品のカレーをライスやロティと組み合わせるカスタムオーダー方式。
(なぜかインド、タイ、ベトナムのカレーもあったりしますが、初っ端からそちらを頼むのはもったいないですよね。)
各カレーにはハーフサイズもあるので、複数種食べたい方にも便利です。

しかも、単品価格がメタクソ安い!!
組み合わせによってはワンコインでお釣りが来ちゃうレベル・・・学生街価格ありがたや~


★ポーク(ハーフ) ¥310
★日替り野菜(ハーフ) ¥260
★ロティセット ¥380



ポークはおすすめの5辛にチューニング。
これが・・・滅法美味い!
スリランカのミックススパイス、ツナパパのロースト香と、フレッシュなトマトの酸味、そして唐辛子とブラックペッパーのパンチある辛さ・・・そのバランスがズバッと決まっており、激ウマと呼んでいいレベル。


対する日替わり野菜カレー、こちらもかなり印象的。
この日はジャガイモとトウモロコシのカレーだったのですが、コーン特有の香ばしさにカラピンチャ(カレーリーフ)が深みを加え、辛くないのにリッチな味わいとなっています。


この2品の鮮やかなコントラスト、メリとハリがまた最高。
仄かに甘いスリランカロティ(インドのロティよりマレーシアのロティチャナイに近い感じ)との相性も抜群です。

さすが茨城スリランカ、実にレベルが高い。
しかもお財布に超優しく、雰囲気も良し。

これで交通の便がもう少し・・・なんてのは高望みですよね。

さ、腹ごなしに40分、歩いて帰るぞー。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3412-610a9125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad