カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

魅惑の独自ビジュアル、独自の美味さ。新橋カレーのニューウェーブ参上。「Curry and rice 幸正」(新橋)

新橋で今話題の、ニューウェーブカレーライス!


「Curry and rice 幸正」

2016年11月オープン。
「カレーライスは日本食」を体現する「和」の佇まい。


店頭の「たかが、カレー・・ されど、カレー!!」という文言からも、
カレーに賭ける本気が伝わってきますね。


小さいながらもシュッ、とした雰囲気の店内。
この場所、元々は焼き鳥屋さんだったんだそうで。


このカレーはちょっと変わっていて、牛テールをベースにしたサラサラカレーの中央にライスが基本。
オーダーはライスの上に乗せる具材を選ぶんです。


最初に登場するのは、前菜の3色マッシュポテト。
用いているのはメークィン・シャドークィン・ノーザンルビーの3種で、無着色とは思えない鮮やかさ!
しかもそれぞれの芋の甘味がしっかりと感じられ、これだけで贅沢な気分に。
添えられたピクルス(この日はゴーヤと金時人参)も実に丁寧ですね。

さらに、旨味たっぷりの牛テールスープも出てきます。


★ビーフ ¥1500

うおっ!これが噂の超魅惑ビジュアル!!
インスタ映えは「MOKUBAZA」と並ぶ最強クラスっす!!


具材はお店イチオシのビーフをチョイス。

牛テールを丸2日間煮込んで作ったスープ状のカレーは、
スパイスの量を控えめにしながら、出汁の美味さで押し切る味わい。

その中央に二層のライス。
下層はターメリックライスで、上層はトマトライス。

さらにその上に具材であるビーフが乗るのですが、これが実に存在感アリ。
牛バラ肉を赤ワインに3日漬け込み、醤油ベースのタレで仕上げたそうですが、
甘辛な旨みと肉のトロットロ感がたまりません。


個性的で美しいビジュアルだけでなく、
味わいもかなり独特、かつ深みある多層的な美味さ。

ちょっと他に似たお店が思い浮かびません。

実はこの店のオーナー、
焼肉店や洋食店、さらには同じ新橋のつけ麺屋「月と鼈」を手掛けるなど、
あらゆる料理ジャンルを渡り歩いてきた方。

肉の旨味と赤ワイン、そしてスープへのこだわり・・・なるほどその経歴あってはじめて完成したカレーということなのですね。


★珈琲(ダークロースト) ¥100

食後の珈琲は100円。

新橋という場所においては、決して安くはないカレーですが、
その価格を十二分に納得させるだけのクオリティ、そして手の込みよう。

今よりもっと、話題と人気が上昇していきそうなお店ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

幸正



関連ランキング:カレー(その他) | 新橋駅汐留駅御成門駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3406-0122a6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad