カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

あのハラール対応インド料理の系列店が、天王洲にも進出!「サベラ ティッカ ビリヤニ」(天王洲アイル)

品川「サルマ ティッカ&ビリヤニ」を皮切りに、上野「ハリマ ケバブ ビリヤニ」、銀座「カーン ケバブ ビリヤニ」、六本木「サイーファ ケバブ&ビリヤニ」と展開する、インド人オーナーによるハラル対応インド料理系列「&ビリヤニグループ」(←そう呼んでいいのかな?)の新店が2016年10月31日、天王洲アイルにオープン!


「サベラ ティッカ ビリヤニ」

「ビリヤニ」の前に「&」がついてたりついてなかったり、「ケバブ」だったり「ティッカ」だったりと、各店舗の正式名称を覚えるのが難しい当グループ(笑)、このお店は「&」無しの「ティッカ」という、新パターンです。

お店は天王洲アイルのビジネススクエアの中心部といえる天王洲郵船ビル1Fにあります。


なんとなく豪華でエグゼクティブなイメージのある(価格帯が高いという意味ではなく)このグループですが、こちらのお店は結構シンプルな内装。
店内はL字型のため広さは感じませんが、50席ほどはある模様。


★タージマハール ¥620

何故かキングフィッシャーよりちょい安かったのよ。


お酒の付け合わせはマサラパパド。
これが付くから一杯目のお酒は高く感じない。

メニューはビリヤニの他、パキスタン系から南インド系まで幅広いレストラン料理をラインナップ。
(ドーサやミールスはありません)
カレーも面白いものがたくさんあって、目移りしちゃいます。
もちろん、ムスリムな方々にも安心のハラール対応。


★チキンインミントカレー ¥1440

いやもうたまらんでしょ、この名前とビジュアル。


ミントを押し出したインドカレーといやあ、木場「カマルプール」の爽やかなラムミントカレーが評判ですが、
こちらのミントカレーはよりリッチ&ストロングな印象。
ニンニクや生姜もがっつり聞いたヘヴィ級のカレーにあって、負けない主張のミントの香り。

インド人がミントを使うとこうなる、という見本のようなインパクトです。


★ロティ ¥360

このカレーにはなんとなく、ライスじゃないよなぁ。
ケララパロタもマドラスパロタもあったけど、ミントの味とぶつからないよう、シンプルなロティと合わせてみました。
ナイスマッチングでしたよ。

当グループの特長でもある、過剰なまでの出血サービスはこの日見られなかったのですが、
それは閉店時間が近かったからなのか、エリア的な方針なのか、はわかりません。

インド人ビジネスマンが日本進出する中、
羽田からのアクセスも良いこの天王洲にお店を構えるなんて、ターゲッティングが割と明確。
つまり、ちゃんとインド人が納得できるクオリティの料理を出し続けてくれるはずですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

同グループのハリマケバブビリヤニ@上野では羊レバーでLamb Kaleji in Mintってのをやってるけど、ここではチキンなんですね~

  • 2017/04/02(日) 17:30:07 |
  • URL |
  • ゆ~すけ #eHYjUxkE
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

微妙にメニュー違うのかもですね。

ちなみに六本木はメニューいろいろ書いてあるけど、実際に作れるのは一部のようでした。
あんまり需要ないメニューは仕込みしてないみたいで。

  • 2017/04/02(日) 22:26:21 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3398-a6225075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad