カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

あの、濃厚スパイシーなパキスタン料理が帰ってきた!「Ali's Halal Kitchen」 (三ノ宮)

神戸モスク向かいのパキスタン料理店「ナーン・イン」を豪腕で10年以上支えてきたシェフ、アリさんがついに独立、一宮神社近くに新店をオープン。



「Ali's Halal Kitchen」(アリズ ハラールキッチン)

オープンは2016年8月26日。
もちろん、心斎橋と三ノ宮にある「Ali's Kitchen」(アリーズキッチン)とは無関係ですよ。


ターコイズ色のクロスが印象的な小さな店内にはパキスタン人グループが複数組。
早くも現地の方々の支持を得ている様子です。

さて、「ナーンイン」のアリさんといえば、ブラックペッパーがガツンと効いた、攻撃的なまでに濃厚でスパイシーなビリヤニ。

この日も食指が伸びたのですが、月曜Specialと銘打たれたこちらのメニューを注文してみました。


★ハリームセット ¥1300

ハリームは野菜や豆、大麦小麦と肉を、トロットロになるまで時間かけて煮込んだ、ムスリムのシチュー料理。
手間と時間がかかるため、ガチな店でしか扱わないメニューです。

この日のハリームに用いていた肉はチキン。
ドロッと粘りある濃厚な食感の中に、僅か筋状に残った鶏肉が認識できます。

そして、嬉しいことに結構ヒリっとスパイシー。
カレーとしてもしっかり辛口といえるレベルで、流石アリさんエッジの効いた味といったところ。

また、セットのナンも、巷に蔓延するベーキングパウダーで過剰に膨らませた、胃に溜まるナンとは全くの別物で、パリッとしつつも口溶け良く上質。
経堂「ガラムマサラ」のナンとちょっと似た味わいですね。

食後にはチャイ。

ふらり単独訪問につき、あれこれいただくことはできませんでしたが、期待に違わぬ高い料理クオリティを感じさせてくれました。

食後アリさんと軽くお話したところ、事前相談すればハリームのほか、パヤやブレンマサラなども提供可とのこと。

ナーンイン時代を彷彿とさせる濃厚で鋭角的な料理と、アットホームな雰囲気。
神戸パキスタン料理を代表する一軒となりそうな良店です。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3388-8bbe48b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad