カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

普通のカレーライスに敬意を。「ジャンカレー 日比谷店」(内幸町/霞ヶ関)

小岩に本店を構え、山手線東側エリアに展開するカレーチェーン「ジャンカレー」。
通称「ジャンカレ」。(←あんま短くなってない)
その最西端の支店にチェックイン。


「ジャンカレー 日比谷店」

日比谷といいつつ場所は内幸町と霞ヶ関のあいだ。
富国生命ビルの地下二階にあります。


オーダーは食券制、手軽なカレースタンド方式です。


★カツカレー ¥850

トッピングが色々選べるジャンカレですが、ここはベーシックに。


ジャンカレのカレーは「普通のカレー」。
決して悪い意味じゃなくて、日本人がカレーライスと聞いてイメージするど真ん中の味なんです。
多分、ココイチよりもさらにベーシック。
ポークベースで、リンゴの甘みがとろ~り溶けてたり、懐かし要素も含めてど真ん中。
それでいて程よく辛く、スパイシー。


カツのマウントっぷりもなかなかのモノ。
お肉はちょい硬めでしたが、クイックメニューですから、まあそんなもんです。

カレーを日本の文化と捉えたとき、「進化」はもちろん素晴らしいことではありますが、それと引き換えに「普通」が失われては困る。文化じゃなくなる。

そういう意味でも大切にしたい、普通のカレーライスなのでした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3375-7dfbea10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad