カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

荻窪「吉田カレー」×鹿児島「伊場カレー」、多幸感溢れる贅沢カレーに急げ!!

鹿児島「伊場カレー」が東京にやってきた!

1/21、22、23の3日間、
荻窪「吉田カレー」が、2017カレーの日スペシャル営業として鹿児島「伊場カレー」とコラボ。

実は「伊場カレー」の伊場氏、元々「吉田カレー」にほぼ毎日通っていた超常連。
鹿児島にお店を出してからも姉妹店として交流を続けており、昨年5月にも「吉田カレー」が鹿児島に赴き「伊場カレー×吉田カレー」を実現。
今回逆に「伊場カレー」が東京にやってきて「吉田カレー×伊場カレー」のコラボと相成りました。


初日夜の部開始の17時30分ころにはもう、一時間以上待ちの大行列。

・・・寒い中、凄いですね。


半開きの小さなシャッター目がけ並ぶ人の列。
知らない人がみたら異様な光景でしょう。

ただ、これだけは言っておきたい。

『一時間待ってでも食べたほうがいい。』

この日のカレーメニューは、
(並)2000円 (上)2500円の2つ。

(並)
伊場カレーのルー
長崎県産雲仙極み豚の盛り合わせ
湧水町の有機栽培水菜
鹿児島県産有機野菜のアチャール
鹿児島県枕崎産鰹節

(上)
並のメニューに加えて、
鹿児島県産黒毛和牛A5うわみすじ
鹿児島県産黒毛和牛A5スネ挽肉と黒豚のキーマ

のいずれか。
(うわみすじ売り切れ次第キーマに切り替え)

ドリンクは、
ハニーアーモンド生クリームバナナミルク
(鹿児島県産ハチミツ使用)
ハーフ300円 フル500円


が用意されています。


★ハニーアーモンド生クリームバナナミルク

物凄くハニーで、物凄くアーモンド。
こりゃいいね!

fc2blog_201701212032344ed_2017012200584954f.jpg
★「吉田カレー×伊場カレースペシャル」(上)辛口
伊場カレーのルー
長崎県産雲仙極み豚の盛り合わせ
湧水町の有機栽培水菜
鹿児島県産有機野菜のアチャール
鹿児島県枕崎産鰹節
鹿児島県産黒毛和牛A5うわみすじ



どうですこの、有無を言わさぬ迫力!

はじめていただく伊場カレー、なるほどこれは「ボンディ系」「デリー系」ならぬ「吉田系」。
流石「吉田カレー」に通い詰めただけあって、スピリットをしっかりと受け継いでいます。

水、小麦粉、化学調味料を一切用いず、九州食材にこだわって作ったこのカレー、
鰹や椎茸など出汁醤油を用いた旨みたっぷりの仕上がりです。


そして、兎にも角にも凄いのが肉!肉!!

この日のため特別に仕入れたという、長崎県産雲仙極み豚
そのトロットロにとろけるような柔らかさとジューシーさは昇天モノ。

さらにバーナーで炙りが入った、黒毛和牛A5うわみすじ
贅沢すぎる希少部位です。

カレーにそれぞれの肉の旨味が溶け合うたび、それぞれ別の味わいへと変化していくさまも堪らない魅力。
さらに、たっぷりトッピングされた鰹節の旨みも重なり合い・・・・・

そう、南インド料理を混ぜ合わせていくことで、香りや味が変化していように、
このカレープレートでは、カレー自体の旨み、牛肉、豚肉、鰹節の旨み、旨みが旨みと重なり合うことで、
どんどん奥深い味わいになっていく趣向なのですね!

さらに、さりげなく添えられたアチャールがまた強烈。
ニンニクに山椒、剛速球のアクセントとなるこの一品は、吉田さんによるもの。
流石は兄貴、友情出演でしっかり印象を残すベテラン個性派俳優のよう!

厳選された九州食材の旨味と手間、贅沢すぎる特別なカレー。
マジで美味いです。
2500円の価格を「高い」と言わせないだけの多幸感に溢れています。

だから、

『二時間待ってでも食べたほうがいい。』

食いっぱぐれたら、一年間後悔しますよ。

期間中も、売り切れ御免。

心してどうぞ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3315-e0abcd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)