カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

ついに誕生!「桃の実」2号店の鮮烈なインド風カレーライス!「カレー&オリエンタルバル 桃の実」(水道橋)

インド料理の枠を超えた洗練で人気の「オリエンタルビストロ 桃の実」が2号店をオープン。

しかも、カレーの聖地 神保町エリアに、なんとインド風カレーライスのお店!

「カレー&オリエンタルバル 桃の実」

オープンは2017年1月6日。
「桃の実」オープン以来、瀬島シェフの右腕として、また「ウミネコカレー」のスタッフとして活躍してきた加来さんがシェフを務めます。


ランチは3種のカレー、夜はバル的な楽しみ方でシメにカレーというお店。

私はオープン2日めのランチに訪問。
一カ月間、本店を休業した瀬島さんも応援にかけつけていました。

この日のカレーはチキン、キーマ、マトン。
+¥150でカレーセットにすると豆カレーとサブジが付いてくるなんて魅力的すぎます。


★マトンカレー ¥1000
・カレーセット +¥150


おわ~っ!
これは間違いないビジュアルですね!


シャバシャバのカレーにゴロゴロッと入った大ぶりな羊肉。
ヒリッと良い辛さとクローブの香り。

さらに、まるで牛ほほ肉かのようにホロっと柔らかな食感のマトンが実に秀逸。
マトンならではの香りと旨みもしっかりしていて、スパイシーなカレーとよく合います。

これは実に鮮烈なカレーライス!!


セットの豆カレーは、一瞬スリランカのパリップかと思える香ばしさ。
けれどもベースはインドのレシピ(ダルタルカかな?)です。

サブジはなんと、ジャガイモとチンゲン菜。それに野菜のピクル、リンゴのピクルなんかも加わって、実に豊潤な一皿となっています。

ワインと愉しむビストロとして極力スパイスを抑えた本店の魅力は言わずもがなですが、スパイスと唐辛子を解禁したこちら2号店の料理もまた、どえらい凄みがありますね!


★ラッシー ¥250
★ヴァタラッパン ¥200


食後のドリンク&デザートも抜かりはありません。

ラッシーは私の大好きな超濃厚タイプ。
パンチある酸味にカルダモンが仄かに香ります。


ヴァタラッパンは南インド(とスリランカ)のプリン。
ココナッツミルクと黒糖の香りが魅力的なのですが、案外ビターなオトナ仕様なのがまた嬉しいですね。

実はこのお店の場所、「カーマ」「ペルソナ」「パンチマハル」「ばんび」と連なるカレーストリートの延長線上。
けれどそれら名店たちに勝るとも劣らない実力店の誕生です。

評判が広まり、大人気店になるのにそう時間はかからないでしょう。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレー&オリエンタルバル桃の実



関連ランキング:カレーライス | 水道橋駅神保町駅九段下駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3299-8e937ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad