カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

ヤップ島ローカルフードの夕べ in 「マンタレイベイリゾート」(ミクロネシア・ヤップ島)

ミクロネシア・ヤップ島。
今で唯一のファビュラスなホテル「Manta Ray Bay Resort マンタレイベイリゾート」では、2、3日前に予約すればローカルフードを用意してくれます。

島の人々はわざわざ外食でローカルフードを食べることはなく、誰かの家にお邪魔するしかいただけるチャンスはない、とも聞いていたので実にラッキー。

small_IMG_1893.jpg
会場は、ホテル自慢の豪華な船上レストラン。
どんなものが出てくるのか、全く見当がつきません。

small_IMG_2385.jpgsmall_IMG_2386.jpg
★トゥバ

こちらはミクロネシアの田舎酒。
若いココ椰子の実から採取する発酵酒だそうです。
ガラス瓶にヤシの葉で蓋をした状態で発酵させるのですが、
ショワッと爽やかな一日目と、まろやかな二日目ではまるで違うお酒のようでした。
ちょっと、ネパールのチャンにも似た感じですね。

small_IMG_2734.jpg
★ヤムイモのココナッツミルクがけ

全世界の熱帯で食べられているヤムイモ=キャッサバはここでも日常食。
ココナッツミルクソースをかけていただきます。
ホクホクとした食感はまるでサツマイモ。
けれど甘みはなくて、日本人としては主食なのかデザートなのか判じがたい気分になります。

small_IMG_2735.jpg
★エビのフライ

やはり主食は海産物。

small_IMG_2727.jpg
★マグロのバーベキュー

素朴ながら、素材がいいのでなかなか美味いです。

そして、この日一番の収穫がこの料理。
small_IMG_2726.jpg
★ランドクラブ(Land Crab)のニンニク蒸し

シェフ曰く、ホントはマングローブクラブ(mangrove crab=ノコギリガザミ)を用意したかったのだけど、捕獲できなかったそうで、
比較的採集が楽なランドクラブに変更したとのこと。

small_IMG_2581.jpg
実は私もこの日の昼間、浜でランドクラブを何匹か見かけたんですよね。
それを夜いただくなんて・・・感慨深いです。

small_IMG_2732.jpg
さて、このランドクラブ、蒸した身や蟹味噌を一度ほぐして出して、ニンニクで和えてから再び殻の中に詰め直したもの。
んでこれが、ちょっとビックリする美味さだったんです。
蟹の風味と、ガッツリ効いたニンニク。他では食べたことのない、まさにヤップ料理。

そこらの浜にうろついている蟹をとっつかまえてこんな料理が作れちゃうなんて、
一見裕福さを感じない島ですが、食料に困らないという点において、都会より豊かなのかも。

small_IMG_2740.jpg
★タロイモのケーキ

とても素朴です。

滅多に来れない島で、滅多にいただけないローカルフード。
異国の文化はやはり、食から学ぶのが早いですね。

とても貴重な体験をしました。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析
関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3289-ce0584c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)