カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

オリビア・ハッセーとインドスタイルモモ。「ニューナマステヒマール」(大山)

大山。
ネパール料理の名店「マナカマナ」を擁するこの町には、他にも数軒ネパール人のお店があります。


「ニューナマステヒマール」

大山ハッピーロードから東に5分ほど歩いた離れにあるネパール人のお店。


メニューはかなりインド寄りで、ダルバートやチョエラ、スクティといったネパール料理は(メニューには)ありません。

かろうじてチョウメン(ネパール焼きそば)とモモ(ネパール餃子)はあるのですが、逆に興味深いのはモモに「インドスタイル」という表記が!?

なんだそりゃ?


★モモ(インドスタイル) ¥500

さぁ、やってきました、インドスタイル・ネパール餃子。
あ、なるほど、通常ネパールのモモではゴルベラアチャールというトマトベースのスパイシーソースが添えられているのですが、こちらのソースはミントチャトニ。
そう、タンドリーチキンによく付いている緑のアレですね。
おそらく他にネパール料理を置いていない関係で、インド料理とソースを共通化させているのでしょう。

工夫ってやつですね。


★カンパリラッシー ¥350

センベロ天国・大山ではネパール店とて例外ではありません。
この価格にして氷少なめ、たっぷりいただけます。
カンパリの苦味とラッシーのまろやかさがいい感じにミックスしていますよ。

さて、カレーメニューにはどうも惹かれるものがなかったので、このまま居酒屋シフトで行きましょう。


★マトンチップス ¥300

こちら一口サイズのフライドマトン。
中央に鎮座するのはゴルベラアチャールでもミントチャトニでもなくマヨネーズです。
衣の感じといい、マヨネーズをつけていただく感じといい、駄菓子屋のイカフライを髣髴。
うん、まさにそうだ。
イカフライのイカがマトンになった一品であります。

・・・実はこのお店、料理とお酒以外にも注目ポイントがあって、お店の母娘(多分)があのオリビア・ハッセー似なんですよね。
先行レビューにもそう書かれていたんですが、ホントにそうなんです。
厨房の男性も素敵スマイル男子で、それだけでも好感度上がるってもんです。

あ、もちろん「マナカマナ」のも女将さんも美人なので、負けてませんけどね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ニューナマステヒマール



関連ランキング:インド料理 | 大山駅板橋区役所前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3248-5f400f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)