カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

ハンジローの系譜を引く、隠れた名店。「ヨコハマスープカレー しんぺー」(鶴ヶ峰)

かつて綱島で超人気を博し、現在は長野県へと移転したスープカレーの名店「ハンジロー」。
その血を引くスープカレー屋が、相鉄線鶴ヶ峰駅の近くにあると聞き、やってきました。


「ヨコハマスープカレー しんぺー」

かなりカジュアルな名前ですが、お店から漂う空気感は只者ではありません。

メニューはバリエーション豊富(しかもスープカレーですからトッピング&カスタマイズ可)な上にマンスリースペシャルまであって、迷う迷う。


まあ、迷ったら基本、が基本です。


★チキンスープカレー ¥1100
★4辛
★エビミソ ¥150


北海道スープカレーの基本といえば骨つきチキン。
なかなか立派なサイズです。

少しトロミを感じるスープはやはり「ハンジロー」の系譜。
エビミソを加えたことで旨みもアップしており、実に口福感溢れるスープカレーに仕上がっています。

スプーンて解せるチキンの柔らかさ、軽く揚げたポテトの香ばしさ、その他の具材は小ぶりに纏めていますが物足りなさはありません。

また、辛さ4は私にとって、辛すぎず甘すぎずの絶妙チューン。

ライスに添えられた野沢菜漬も口内リセットにいい働きをしてくれます。
これもやはり、長野「ハンジロー」との繋がりですよね。


★骨無しチキンと野菜の辛味噌スープカレー ¥1200
★3辛
★レモンペッパー鶏から揚げ ¥100


こちらはちょっと変化球。
3辛オーダーですが辛味噌が効いていて、辛さに過不足なし。

エビミソにせよ、辛味噌にせよ、スープの印象をガラリと変えるのではなく、隠し味のように旨みを増す役割を担っているのが興味深いです。

骨無しチキン以外の具材はオクラ、ひよこ豆、白ネギ。
味噌に合わせて美味いものばかりのチョイス。
トッピングのレモンペッパー唐揚げはちょっと中華風でもあり、「なるほど確かにヨコハマスープカレーだなぁ」と妙に腹落ちしたり。

いずれのカレーも、見た目の印象や食感に比して軽やかで、(「ハンジロー」と比べても)スッキリした食後感。

食べたあと胃が軽く、「また食べたいなあ」と思わせてくれる魅力があります。

ひっきりなしに客がやってくる「地元の人気店」でありながら、全国的には知名度が低い「隠れた名店」。

それはそれで素晴らしいことですよね。



●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

しんペー



関連ランキング:スープカレー | 鶴ケ峰駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3235-67f3e091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad