FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「デリー 上野本店」(湯島/御徒町/上野)

「デリー」

ちょっとカレーが好きな人ならみんな知っている名前ですね。

銀座に店がある他、
全国のスーパーでカレーが販売されるおなじみのカレー店。

その本店にして全てのオリジンがここ、上野店です。
FLYING ROPEFISH!

はじめて訪れた人はまず驚くはず。

「えっ?ここが本店なの?」

FLYING ROPEFISH!
そう、本当に小さい店なんです。
カウンターと、二人がけテーブル数席。
小さな厨房はビル外側階段の裏側になっており天井が斜め。

全国に名の知れた有名店ともなれば、店構えがどんどん立派になっていき、従業員も増え、
昔ながらの常連客が、「なんだか味変わっちゃったね」とかボヤクのが常(?)ですが、
ここは違うようです。
「初心忘れるべからず」
というのでしょうか、好感が持てます。

この日は看板メニューのこれを注文。

FLYING ROPEFISH!
カシミールカレー(極辛) ¥900

オールドファッションな器がよい感じ。
FLYING ROPEFISH!
水面(ルー面?)に店内が写り込むほどサラサラなルー。
具は鶏肉とジャガイモのみ。

FLYING ROPEFISH!
ライスにかけるとルーがジワッと染み込んでいきます。
実際に食べてみてもそんな感じ。
胃壁の、細胞の隙間にジワッと染み込むような辛さ。

辛い。
そして美味しいです。
もし私がデリーの名前を知らずにこのカレーを食べたとしても、
「美味しいカレー見つけた」とみんなに紹介してしまうでしょう。昔と比べてどうか?
はわかりませんが、実力は本物ですね。

そして一つ、お?と思ったのが、
鶏肉が硬いこと。
これ、一般的にはネガティブポイントなのでしょうが、私はそうは思いませんでした。
最近特に多い「柔らかな若鶏の肉」、
「柔らかい」「若い」というポジティブイメージがあるのですが、
実はこれ、飲食業者のイメージ戦略。

考えてみて下さい。
鶏を一年育てるのと三年育てるのとではコストに三倍の差がある訳です。

ちなみに、
営業時間が21:30までとなっていますが、
実際にはラストオーダーが21:30だというのも高評価です。
些細な事かも知れませんが、
「まだ入れるかな?」と考える客側の目線に立っていることが伝わってきませんか?

デリー 上野店
東京都文京区湯島3-42-2(地図)
電話:03-3831-7311
営業時間:11:50~21:30(L.O)
年中無休

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner


デリー 上野店 (インド料理 / 上野広小路、湯島、上野御徒町)
★★★★ 4.0


関連記事

コメント

2. 無題

>スープカレー職人メラさん

流石スープカレー職人!
今度やってみます。

  • 2009/09/05(土) 14:01:57 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

細かいですが、カレーをライスではなく、ライスをカレーに浸した方が食べやすくて美味しいですよ!

あ、すみません、、

  • 2009/09/03(木) 03:36:41 |
  • URL |
  • スープカレー職人メラ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/323-b65cd210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)