FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「茶語」の龍井茶葉カレー(新宿/新宿三丁目)

アラン・チャンをご存知ですか?

香港を代表するグラフィックデザイナーであり、三井住友銀行のロゴなども手掛けた彼は中国茶への造詣が深く、香港でお茶のプロデュースも行なっています。
私も香港にいった時には「Alan Chan tearoom」でお茶やらマグカップやら、色々買い漁りましたよ。

そして新宿に高島屋が出来た時、アラン・チャンが日本で初めてプロデュースしたティールーム。それがここ、「茶語(チャユー)」なのです。
FLYING ROPEFISH!

中国茶が美味しいのは勿論のこと、
開店当時から人気のメニューがこれ。
FLYING ROPEFISH!
龍井茶葉カレー(ロンジンチャバカレー)
¥1260


ココナッツそして龍井茶の茶葉を用いたオリジナルカレーです。
中国茶を用いたカレーはなかなか貴重。
しかも食前にジャスミン茶、食事中には「本日の中国茶」が供されるのですが、
このカレーと中国茶とが絶妙にマッチしているんです。

FLYING ROPEFISH!
炙りの入った若鶏肉がたっぷり入ったカレー。
ところどころに茶葉が見えるでしょうか。
器も勿論アラン・チャンデザインです。

FLYING ROPEFISH!
ジャスミン茶。

FLYING ROPEFISH!
セットのサラダ。

FLYING ROPEFISH!
付けだしピクルスそしてココナッツチャツネも気が利いています。

FLYING ROPEFISH!
この日の中国茶は「ブンザンホウシュ(台湾の烏龍茶)」。

セットでここまで付いてくるのだから相当リーズナブルでもあります。

一見奇をてらっているように見えてとても洗練された仕上がり。
この絶妙な味そして空間のマッチング、それら総てがアラン・チャンの「デザイン」なのだと考えると、本当に凄い人なんだなあと思います。

ちなみにここのショップのコンセプトは、「東情西韻」
つまり、「東洋と西洋の融合」。

なるほど。

FLYING ROPEFISH!
店頭ではアラン・チャンデザインの茶器や雑貨、中国茶なども購入できるので、
お土産にもいいですよ。

茶語(Cha Yu)新宿髙島屋店
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2新宿髙島屋6F(地図)
TEL/FAX:03-5361-1380
営業時間:10:00~20:00
定休日:新宿高島屋に準じる

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner


アラン・チャンティールーム茶語 (中国茶専門店 / 新宿、代々木、新宿三丁目)
★★★★ 4.0


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/322-43b5096a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)