カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

都内にも、アットホームなガチパキ店が出現。「ハビビ ハラールレストラン」(西大島)

近頃噂の西大島。

なんたって、パキスタン人によるパキスタン人向けのパキスタン料理がいただける店がオープンしたとかで!


お店があるのは西大島団地の1階部分。

この団地融合型の現地式南アジア店、東京東部ではお馴染みのスタイルですよね。


「ハビビ」

看板には「インド、パキスタン、アラブ料理」とあります。
つまりはムスリム向けのハラール対応レストランということ。


パキスタン人経営のお店って、照明が暗かったり、ドヨ~ンと重い雰囲気のとこが多い気がしますが、
この店はほど良き明るさでファミリーも安心。

奥にはお座敷席もあります。

メニューを見れば確かに、ガチパキな料理があれこれ。
しかもどれもお値打ちな価格設定。

う~ん、ニハリ(羊の骨付きスネ肉煮込み)にしようか、ハリーム(肉と豆の濃厚シチュー)にしようか、
はたまたビリヤニにしようかマトンカラヒにしようか迷ったのですが、結局こちらに決定!


★パヤ ¥1000

牛の足を煮込んだスープ。
冬季限定メニューです。

パヤはニハリの一種(パヤ・キ・ニハリ=動物の足を煮込んだニハリ)ではありますが、
こちらのお店ではニハリが羊、パヤが牛を用いているようですね。


プニュンプニュンでパヤパヤなコラーゲンが溶け出したスープ。
パキスタン人が好むパキスタン料理の例に漏れずガッツリオイリーであります。


辛口でお願いしたら、刻み生青唐辛子たっぷり。
嬉しいですね。


いただいたあと残った骨がこちら。
いかに「髄」が溶け出しているかよく判ります。

パヤに合わせたのはこちら。

★ロティ ¥150

この値段ですから一枚かと思ったらなんと、直径20センチほどのデカロティが2枚!
油断できないボリュームです。


★チャプリカバーブ ¥600

メニューには「羊肉のハンバーグ」とありますが、まさにその通り。
コリアンダーリーフやら唐辛子やらスパイスやらが色々練り込まれています。

こちらも予想を超えてボリュームたっぷりでした。

美味しゅうございました。
もう、はち切れんばかりに腹一杯です。

とにかく単品のボリュームが凄いので、3人以上で訪れるとより楽しめそう。

関東でパキスタン人コミュニティといえば八潮、野田、伊勢崎あたりが有名ですが、
都内にもこんなオアシスができたなんて嬉しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハビビ ハラル レストラン



関連ランキング:パキスタン料理 | 西大島駅大島駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3210-854ae4b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad