カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

『昔ながらの東京のカレーフェア』開催中!「本場さぬきうどん 親父の製麺所 上野店」(上野)

上野駅構内のうどん屋さんで、ちょっと面白いフェアをやっていました。


『昔ながらの東京のカレーフェア』

やっていたのは「本場さぬきうどん 親父の製麺所 上野店」。

「Camp Express」などと同じ「日本レストランシステム」が手掛けるさぬきうどん店です。

今回のフェアはカレー南蛮の元祖「杉本商店」とのコラボで、
明治時代から続く配合で作る「杉本商店」のカレー粉を用いたカレーメニューが勢揃い。
(「杉本商店」とカレー南蛮の歴史はこちら

・昔ながらのライスカレー(プレーン)
・昔ながらのライスカレー(ポーク)
・昔ながらのライスカレー(カツレツ)
・昔ながらのカレー南蛮うどん
・昔ながらのつけカレーうどん

というラインナップの中から注文したのはこちら。

★昔ながらのカレー南蛮 ¥580
★まいたけ天 ¥130
★とり天 ¥150


日本の昔ながらのカレーと、讃岐うどんのコラボ。
これに尽きますね!
香川県から仕入れた麺、茹で置きなのでコシは望むべくもありませんが、食べ応えは充分。

適度なとろみあるカレーは、出汁スープの旨味を消さない、控えめなバランスです。


カレーが主張しすぎることなく、あくまでもうどんが主役。
このスタンスがあってこそ、カレー南蛮が蕎麦屋やうどん屋に受け入れられてきたのでしょう。


そしてやっぱり、揚げものをカレーに浸けて食べるのもマスト。

駅ナカでこれだけ楽しめるのですから、文句なし。

このフェア、いつまでやってんだろ?


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

親父の製麺所 上野店



関連ランキング:うどん | 上野駅京成上野駅稲荷町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3204-78f6628c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad