カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

立川を代表するカレーの名店、新宿に進出!「レインボウスパイスダイナー」(西武新宿)

立川を代表するカレーの名店「レインボウスパイス」が、なんと新宿に進出!!


「レインボウスパイスダイナー」

2016年9月22日オープン。

インドの本格レシピによるスパイスの香りを、日本カレーライス文化の文脈に融合、華やかな「虹色」の魅力をもつカレーに仕立てる「レインボウスパイス」。

その味が新宿でいただけるなんて!


こんな一大事も、まだ周知されていないのでしょうか。
ランチタイムにかかわらず客はゼロ。
勿体無すぎますよ。


本店同様、基本のカレーは4つ。
その他、日替わりのおかずや単品メニューがチラホラと。
この日はなんと、「タミルの塩マサラチキン」やら「南インドレモンポークスペアリブ」なるものまで登場していました。
魅力的すぎる!


★Dプレート ¥1200
(カリー×2 サイドメニュー×2 本日のサブジ)
・チキンマサラカリー
・ポークビンダルー
・豚肉とキャベツのスパイス炒め
・チキントマトスープ


いや~実に贅沢。
しかし「レインボウスパイス」のレインボウな魅力を堪能するなら、ここまで攻めたい!


・チキンマサラカリー
「レインボウスパイス」の看板カレー。
トマトの酸味が効いたカレーに柔らかな鳥もも肉。
シンプルながら飽きのこない味。


・ポークビンダルー
南インド・ゴア地方の名物料理ビンダルーをアレンジ。
スパイスに漬け込みホロッホロに煮込まれた豚バラ肉、抜けるような酢の酸味、そして和を感じる大根にも味がシミシミでたまりません。


・豚肉とキャベツのスパイス炒め

クミンにクローブにゴラカ?
割と複雑なスパイス使いが面白いです。
脇にあるボール状の品はスパイスカボチャ団子。
忍者食のように携行したい一品ですね。


・チキントマトスープ

つまりは南インドのラッサム。
ブラックペッパーががっつり効いて良いアクセントになる一品。

ちなみに本店同様、用いているお米はカリフォルニア産のカルローズ米。

パラッとしつつも、インドのバスマティより小粒で軽やかな味わい。
日本人の胃に優しいお米です。


★アイスコーヒー ¥200

大阪スパイスカレーの流行に呼応するかの如く、東京でも「ピワン」「妄想インドカレー ネグラ」「カレーの惑星」など、スパイス料理に独自の解釈を加えたニューウェーブカレーが続々登場していますが、こちらのお店も見逃してはいけません。

特に、新宿には全くなかったタイプのカレー。
混む前にGO!ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

レインボウスパイス ダイナー



関連ランキング:インドカレー | 西武新宿駅新大久保駅大久保駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3193-d9909b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新大久保 レインボウスパイス ダイナー  ダブルカリー(ポークビンダール+チキンバターマサラカリー)

■新大久保 レインボウスパイス ダイナー  ダブルカリー(ポークビンダール+チキンバターマサラカリー) 今日のランチは、新大久保にあるインドカレー『レインボウスパイス ダ ...

  • 2017/03/08(水) 06:00:18 |
  • Tommyのきままなグルメランチ日記

FC2Ad