カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

迫力のコシが楽しめる武蔵野うどん。「肉汁饂飩屋 とこ井」(高円寺)

「日本のインド」高円寺で、和のカレーうどん!

「肉汁饂飩屋 とこ井」

全粒粉入りの本手打ち極太麺がウリの、武蔵野うどん専門店です。

メニューは全てつけうどん。
水曜夜と木金の14時~16時限定で盛岡じゃじゃ麺も出しているようです。

オーダーを受けてから茹でる麺。
極太ですから、到着までに10分ほどかかりますよ。


★カレー汁 つけうどん(極太麺) ¥800

おぉ、素朴かつ豪快!


武蔵野うどんの特徴といえば、ぶっとくて強烈なコシ、そして茶色がかった色合いにゴワッとした食感。

ズバリこのうどんがそうです。


つけ汁はカレー味よりも鰹出汁がガツンと際立ち、酸味ある田舎汁といったかんじ。
茄子、しめじ、玉ねぎと豚肉が入っています。

同じく武蔵野うどんのお店でカレーうどんを出している池袋「うちたて家」とはまったく異なる仕立てで、まさに武蔵野の郷土料理といった風合い。
メチャクチャコシのあるほうとうって感じ。


★極太きんぴら ¥100

こちらも顎が疲れるほど噛み応えあるきんぴら。
武蔵野うどんのタフさに負けない豪快な一品です。

カレーっぽいかどうかは別としても、激しく過剰な武蔵野うどんは結構好み。

けれどそもそもカレーうどんがメニューにあったから入った訳で、カレーが拡げてくれる食のチャンスに感謝です。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

とこ井



関連ランキング:うどん | 高円寺駅新高円寺駅東高円寺駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3192-86c1fbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)