カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

大阪にも負けないスリランカ料理ランチ。「タップロボーン 門前仲町店」(門前仲町)

今年もいよいよスリランカフェスティバルの季節となりました。
代々木公園から国際展示場へと場所を移し2年目となる今年は、大阪スリランカの代表店「アマヤ」や、スリラーでお馴染み長野「スジャータ」など、注目店が目白押し。
そんななか、今や東京スリランカの中心的存在となったのが、カピラさん率いる「タップロボーン」。

今日はその2号店へと行ってきましたよ。


「タップロボーン 門前仲町店」


入り口でずっと丁寧にナマステしているお姉さん・・・よく見りゃ等身大POPでした。


店内には神棚、そしてお神酒。
日本とスリランカの文化交流に熱心なカピラさんらしいですね。


この日はランチ訪問。
ワンプレートのライス&カレーや、炙ったバナナの葉で包んだランプライスなど、
ちゃんとちゃんとなスリランカ料理が用意されています。


★ライス&カレー ワンプレート ¥1080

これぞスリランカ!というワンプレート。
空前のスリランカ料理ブームが続く大阪ではいざ知らず、
東京でこれほどしっかりとしたワンプレートはそうそうありません。


・パリップ(スリランカの豆カレー)
・ククルマス(チキンカレー)
・ポルサンボル(ココナッツと鰹のふりかけ)
・コラサンボル(緑の和え物)
・いろいろ野菜の煮込み
・パパダム(豆せんべい)
・ライス

という構成。
実に素晴らしいです。

トゥナパハがしっかり効いて程よく辛いククルマス、とろみと旨味のバランスが素晴らしいパリップ、
そして意外にもグリーンチリが効いて一番辛いコラサンボルと、ビシッとしたメリハリが最高です。

鰹をはじめとした旨味の概念があり、もともと日本人と親和性が高いスリランカ料理。
しかも、マニアも十分納得できるランチのレベル。

この「タップロボーン門前仲町店」、ひょっとして東京で今、大阪スリランカに一番近いお店かもしれないですよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

スパイシービストロタップロボーン 門前仲町店



関連ランキング:スリランカ料理 | 門前仲町駅越中島駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3152-39fb2a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad