カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

多国籍タウン行徳の素晴らしきタイ料理。「サイアム クイジーン」(行徳)

千葉県市川市行徳。
アジア各国の現地式レストランが点在する、多国籍タウン。

タイ料理屋も当然の如くいくつかあるのですが、オススメなのはこちら。

「サイアム クイジーン」

2015年6月4日オープン。
大通りに面しており、店構えも明るく、タイ料理ビギナーが尻込みする「怪しさ」は一切なし。
家族でも気軽に入れる雰囲気です。


店内も実に明るく綺麗ですね。


各テーブルごとに電源が確保されているのも嬉しいところ。
電源カフェならぬ、電源タイ料理。


板金加工された「グフ的な何か」。
確かこれ、タイフェスやタイフェアで販売してましたね。


店の奥の水槽にはなんと、巨大なコブも立派なフラワーホーンが一匹!
東南アジア華僑系の店では、金運を招くとして珍重される魚です。

怪しさはないにも関わらず、随所随所でマニアのツボを突いてきますね・・・・素晴らしいです。

そして、肝心の料理。
まずはメニューブックの分厚さに驚愕!!
まるでタウンページ!(というのは大げさですが)

5ページにわたる麺料理ラインナップ(凄い!)はじめ、タイ南部から北部まであれこれ網羅。


ドリンクメニューもまるで現地です。


★ヌアヤーンナムトック ¥900

牛肉のハーブサラダ。
ラオスとの国境に近い北部の料理ですね。
ハーブも惜しみなく用いられており、辛さと酸味と旨みのバランスが絶妙。
これは結構レベル高い!!
野菜のカーヴィング(飾り切り)も丁寧で、シェフの確かな腕が伝わってきます。


★カオカルクガピ ¥1100

カオクルックガピ=発酵海老味噌とおかずの混ぜご飯。
こちらは南部でよく食べられている料理ですね。
で、これがメタクソ旨かった!!


「うわー」と声が出るほどしっかり出た発酵海老味噌の旨味。
ご飯単体でもめちゃウマなんですが、おかずを混ぜ込んでいただければなお良し。
ネームというよりも台湾腸詰っぽい甘めのソーセージが変化を加えてナイスです。


スープもついてきます。

シェフがまとっているのは、タイ国旗の色の襟が付いたコックコート。
バンコクの一流ホテルで修業した証です。

上品でありながら、大人しくまとまっているわけでもない。
メリハリがありつつも、香りや旨みをしっかり引き出している分、辛くしなくても充分美味い味付け。
(もちろん辛くしても美味いです)
いやぁ、この店の料理はなかなかのもんですよ。


ちなみに店内にはコーヒーサーバー。
コーヒーはセルフで飲み放題なんです。

料理だけじゃなく、サービスも最高。
これは素敵なお店です。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

サイアム クイジーン



関連ランキング:タイ料理 | 行徳駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3134-667501e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)