カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

百貨店のレストラン街に、贅沢なハーブ使いが光る名店。「ジャスミンタイ 西武池袋店」(池袋)

池袋西武8階レストランフロアにタイ料理の名店あり。


「ジャスミンタイ西武池袋店」

四ツ谷、六本木と店を構え、かつては食べログで「タイ料理」全国1位を誇っていた「ジャスミンタイ」。
今では7店舗へとチェーン拡大(2016年9月現在)していますが、侮るなかれ。
その料理クオリティは健在です。



百貨店のレストラン街にありながらも落ち着いた内装で、ゆっくり食事を楽しむことができます。


★フローズンモヒート ¥800

これ、かなりの当たりです。
フローズンでありながら強く香るミント。
流石は一流レストランです。

さて、「ジャスミンタイ」で私がいつも頼むのは「ジャングルカレー」=ゲーン・パー。
タイ東北部イサーン名物であるこのカレー(ゲーン)はココナッツミルクを使わないストレートな辛さが魅力なのですが、「ジャスミンタイ」のゲーン・パーは生ハーブをふんだんに用いており、辛いだけでなく香りが最高なんです。

が、この日はちょっと違うオーダーを試してみました。


★タマリンドカレー ¥1300
★もち米 ¥400


タマリンドが効いた酸っぱいスープ。
つまりは、ゲーン・ソム(ゲーン=汁 ソム=酸っぱい)。
ゲーン・パーとは逆にタイ南部のものが有名ですが、こちらもやはりハーブの香りが命。


しっかりした酸味、辛味に仄かな甘味が具だくさんな野菜とシーフードにもしっかり染み込んでおり、そこに生ハーブの香りがガツンと効いて大層美味。

素朴さと贅沢さを併せ持った一品となっています。

これは「ジャングルカレー」とともにオススメメニューですね。

チェーン化してもこのクオリティ。
価格設定は決して安くはないものの、それを上回る贅沢なハーブ使いと、高い調理技術。
「ジャスミンタイ」はデパートの中でも健在でした。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ジャスミンタイ 西武池袋店



関連ランキング:タイ料理 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3132-90fd90e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad