カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

タイ料理ファストランチといえば。「ティーヌン飯田橋店」(飯田橋)

ふとある日、主要カレーチェーンの店舗数をざっと調べてみたら・・・

・すき家 1970
・CoCo壱番屋 1404
・松屋フーズ 計1048(松屋951)
・ゴーゴーカレー 77(国内70 海外7)
・得正グループ(上等カレーなど) 計77
・カレーのチャンピオン 42
・サンマルコ 29
・スパイスロード (ティーヌンなど)計29
・C&C 21
・ターリー屋 20
・日乃屋カレー 17
・亞橋 17(国内16 海外1)
・シディークグループ15
・ムンバイグループ 14
・カレーショップ インデアン 12
・スースーチャイヨー(クルンサイアムなど)11
・ディップマハル 10

という数字が。
牛丼チェーン系を除けばやはりココイチの圧倒ぶりは凄いですね。

タイ料理でいえばティーヌンを経営するスパイスロードが、クルンサイアムのスースーチャイヨーを凌ぐナンバーワン。

その秘密はやはり、ビジネスマンのランチ需要をガッツリ掴む立地の良さと、サッといただけるファストフード感覚の料理でしょう。


「ティーヌン飯田橋店」

東京メトロ&JR各線乗り換えの要所、飯田橋駅直結のショッピングセンター「飯田橋ラムラ」地下一階。
暑い日も寒い日も雨の日も人通りが絶えない最高の立地です。


オープンスタイルの店内はまさにファストフード店。
入りやすさ抜群の上、回転も早そうですよ。


ティーヌンの名物といえばやはりトムヤムヌードルなのですが、他にもトムカーガイヌードルがあったり、汁なしガパオ麺があったり。
いろんなタイ料理がパパパッといただける仕立てになってるんです。


★汁なしガパオ麺 ¥762

この日は猛暑、ということで汁なしを選択。
メニュー写真と比べて実物は随分ストイックですが・・・要素はちゃんと揃っています。
ただ、赤・緑・黄色の見せ方で随分印象変わるものですね。

見た目はアレですが、食べてみれば味はバッチリマイペンライ。
しっかり味濃くガパオも香り、ファストランチとしては充分な満足度ですよ。

12時20分前後には店頭に待ちの列。

やはり「ティーヌン」は普段使いタイ料理の王様ですね。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ティーヌン 飯田橋店



関連ランキング:タイ料理 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3117-c3f29618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad