カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

大阪、スパイス香る下町情緒。「カレーちゃん家」(寺田町)

寺田町ってのは面白い場所ですね。


ガード下の大衆食堂。


角のたこ焼き屋に自転車で集う子供たち。


「駐輸場」という謎の場所。


昭和そのままな木造長屋。

町も人も、「じゃりん子チエ」に出てくるような、古き大阪の下町風情に溢れています。


そんな下町の一角に佇む、一軒のカレー屋さん。


「カレーちゃん家」

シェフのカレーちゃんは、「もりやま屋」のスタッフとして修業ののち、インドに渡ったり、
365日カレーを作って食べる修業を5年間続けたりしたという筋金入りのカレーLOVER。
今もあちこちのカレーイベントに積極参加するなど、カレー界の有名人です。


店内は、漫画やドローイングが散りばめられたユルい趣味空間。
居心地は抜群ですね。


★定番2種のあいがけ(キーマ&きのこ) ¥800

おぉ、出てきたカレーはユルさを微塵も感じさせない誠実かつ真摯な佇まい。
尖りすぎず、スパイスが前面に出るのではなく、挽肉の旨味や、キノコの滋味を引き立てるような穏やかなスパイス使いです。
一瞬のインパクトよりも、定番として飽きない方向性は、たしかに「もりやま屋」にも通じるものがありますね。


★マサラチャイ ¥400

食後にはチャイ。
そして・・・・

驚愕の裏メニュー。

「温泉入浴サービス」!?

・・・いや、誤解しないでくださいね。
ムフフとか、そういうことじゃないんです。


実はお店の向かいに「源ヶ橋温泉」なる立派な銭湯があって、
カレーを食べた人にはそこの入浴セット貸出サービスがあるってことなんです。

そしてこの「源ヶ橋温泉」、只者ではありません。

なんと、「登録有形文化財」として国民的財産扱いの、超有名銭湯なんですね!

しかしそこは大阪の下町。
ちょっとしたおふざけにも注目。

入口の上には、狛犬の如き2体の「自由の女神」。

・・・・わかります?

ニューヨーク⇒入浴のダジャレなんですね。

しかも掲げているのは松明ではなく・・・なんと温泉マーク。

このアホらしさにして文化財。

大阪下町の懐深さは侮れません。

この日はまだ銭湯が開いてない時間だったので、裏メニューはまたの機会に。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カレーちゃん家



関連ランキング:カレーライス | 寺田町駅河堀口駅美章園駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3069-b41a2419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)