カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

梅田駅チカに黒田カレー見参!「ポンガラカレー」(東梅田/梅田)

深夜の心斎橋で超豪華ミールスを提供する驚異のBAR「アノニマス」、月曜のみのスパイスカレー店「カレー週イチ」など、刺激的な業態でカレー活動を行ってきた、大阪カレー界の有名人 黒田氏が、またまた新しい挑戦を始めました。
(注:黒田氏は現在「カレー週イチ」からは離脱)


梅田駅直結地下街、阪急サン広場。
駅チカであり、デパ地下でもあるこの場所に黒田氏のカレーが登場!


「ポンガラカレー」

2016年4月4日オープン。
カラフルポップな雰囲気からは、既存のカレーマニアだけでなく幅広いファン層を取り込み、スパイスカレーの間口を広げていこうとする狙いが感じられます。


バチッとデザインされたロゴを見れば、もうこのままチェーン展開してもおかしくありませんね。

プロデューサーというスタンスでお店を指揮する黒田氏はこの時はおらず、若い店員さんたちが元気に頑張っていました。

スムーズなオペレーションを可能にする、牛丼屋式コの字カウンター。
そういや、東京駅直結の八重洲「エリックサウス」もこのカタチで始動したんですよね。

照明と一体化した空中スパイスラックなど、遊びゴコロもあちこちに見受けられます。


カレーは「アノニマス」や「カレー週イチ」同様、スリランカ、南インドのエッセンスを取り入れた独自スタイル。
見た目ジャパニーズトラディショナルなカレーライスであるビーフカレーを加えているのは、「ピッコロ」「インデアンカレー」「ミンガス」あたりの客層も狙ってのことでしょうか。


★ポンガラプレート ¥1280
・ラッサム
・サンバル
・パクチーチキン
・ビーツのカレー
・スリランカチキンカレー



南インドのラッサム、サンバルと、スリランカのビーツ、チキンカレー、そしてポルサンボール(ココナッツふりかけ)をミックス。
その真ん中に黒田氏のアイコンともいえるオリジナルカレー、パクチーチキンがしっかり入ったこのプレート、「アノニマス」と要素を同じくしながら、健全なカジュアルラインへとリブートした感があります。


初心者に優しい食べ方マニュアルもバッチリ。
カレーも全体にクセを抑えた仕上がりで、まさにスパイスカレーの間口を広げる狙い通りですね。

カジュアルでありながら価格は「アノニマス」レベルと、その設定がどう出るかは様子を見たいところですが、この立地で成功したなら大阪以外への展開もあり得る話ですよ。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ポンガラカレー



関連ランキング:カレーライス | 梅田駅(大阪市営)大阪駅東梅田駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3068-49676bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad