カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

スパイスカレーであり、呑めるカレー屋であり、和印融合であり、口癖はカレーでもあり。「和印食堂 gu-te」(新福島)

大阪カレーシーンの物凄い盛り上がりは今まで何度もお伝えしてきた通り。

その中心となったのが、Facebookの一大グループ「口癖はカレー」です。
非公開グループながら会員は5000人を超え、その熱気は新聞にも取り上げられるほど。

2016年5月、味園ユニバースを貸し切って行われた大イベントなどは、開いた口が塞がらないほどの盛り上がりでした。

※イベントの記事はこちら⇒「これが大阪カレーシーンの熱気だ!『口癖はカレー -whole lotta curry love- 3rd eye open』に潜入。」

そして、この「口癖はカレー」を主宰する大阪カレー界の黒幕(っていうか、別に隠れちゃいませんが)三嶋さんが、
今度はなんと、なんと、自分でもカレーのお店を出しちゃったってんですから、もうついていくだけで必死なわけですよ。

お店は大阪・新福島。

じんわりとした風情のある、長屋横丁にありました。


「和印食堂 gu-te」(グーテ)

2016年5月15日オープン。(厳密には移転オープン)
「スパイスカレー」であり、「和印融合」であり、「呑めるカレー屋」であり、「口癖はカレー公認」でもあるという、
今の大阪カレーシーンのすべてをギュギュギュッと凝縮したような濃すぎるお店です。


入口にはハヌマーンのステンドグラス。
趣味が高じて、というレベルを遥かに超えております。


カウンターの向こう側には、見目麗しきお姉さま方2名に挟まれた、エプロン姿の三嶋さん。
まさに理想的な漢の姿ですね。

眼の前にはおばんざい的に酒のアテがズラッと並んでおりますよ。


お品書きは学校のプリント風。


★カルダモン梅酒 ¥600

お酒は勿論、グラス一つとっても大人の粋を感じさせてくれます。


お通しのカレー鶏がまた贅沢。
敷かれた葉っぱは斑入りギボウシ、こりゃ渋すぎますぜ。


★赤星 大瓶

このお店の雰囲気には、やっぱり赤星が似合いますね。


★合いがけ(ハーフサイズ)
・ダルドリトンキーマ
・パンジャブ風チキンカレー
・バスマティライス +¥200


この緻密なビジュアル!いやぁ参りました。
上から見ても横から見てもしっかり絵になる、機械仕掛けの時計のように計算されたパーツの配置。
流石は口癖がカレーな大将であります。

・ダルドリトンキーマ
一体何語?と思ってしまいますが、ダル(豆)ドリ(鶏)トン(豚)のキーマカレーとのこと。
「gu-te」と三嶋さんの基本カレーであり、シャバシャバな中に鰹と昆布の出汁がしっかり効いてまさに和印融合な美味さとなっております。

・パンジャブ風チキンカレー
こちらは日替わりの一品。
パンジャブはパンジャブでも家庭的な味わいが素敵です。

トッピングには水菜やら、山椒やら、黒胡椒やら、小梅やら。
この一皿に華やかさを添えています。
そして重要なのは、いずれのカレーも塩気しっかりめであるということ。
だって、ここ飲み屋でもあるんですからね。

添えられたレモンをギュッと絞れば、味変だって楽しめます。

こりゃあ楽しい呑み喰い処だ。

隣席には偶然、「ナッラマナム」の井川さん。
カレー屋さんで、カレー屋さんと遭遇する濃密さも、大阪の愉しいところです。

この楽しさを是非、東京にも輸入したいなぁ。

いや、絶対輸入しちゃいましょう。

大阪カレーの熱気が東京を包み込む日。

目下、計画中。

考えただけでゾクゾクします。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

和印食堂 gu-te



関連ランキング:カレーライス | 新福島駅中之島駅福島駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3067-e6d7dbca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad