カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

川崎北部市場の場内に、まさかのスパイスガッツリカレー店。「Curry Studio Y's kitchen」(たまプラーザ/生田)


川崎市中央卸売市場 北部市場。


勝手に入っていいのかしら・・・なんて思ってしまいますが、大丈夫。


横浜市に近接する宮前区にあるこの市場、以前は完全に飲食業者向けの施設だったのが、
今では一般客も自由に買い物ができる場所に。


生鮮品を安く買える場所として今日も賑わって・・・・いや、今はまだ穴場のようですね。


市場の脇には狭い階段があり、「食堂街」の案内が。
早速上がってみましょう。

市場の場内らしく、事務的で何の飾りっ気もない階段を上り三階へ着くと・・・・

ビックリしました。

場内らしからぬ、お洒落なカレー屋さんが出現したのですから!!


「Curry Studio Y's kitchen」(カレースタジオ ワイズキッチン)

2016年4月オープン。
小麦粉とルゥを用いない本格カレーのお店。


いやいや、ここ、市場の中なんですけど。


メインのカレーは三種。
・スパイシーチキンカレー
・欧風ビーフカレー
・ポークカツカレー


いずれも全く違う味わいのカレーだそうです。


★スパイシーチキンカレー
(単品 ¥880 飲み物セット ¥1000)


いやもう見ただけでわかります。
これは、良いカレーですね!!


ザラッと粗挽きのスパイスを感じる舌触りのカレー。
ホロッホロに煮込まれた骨つきチキンは、骨の髄まで齧れるほど。

スパイスガッツリでありながら、インドのカレーではない、
そう、これは「新宿中村屋」から日本橋「インドカレー フジヤ」などに連なる、日本ならではの「インドカレー」ですね。

市場の場内で、ここまで手をかけたカレーと出会えるなんて、まさかまさかの展開。
未知の驚きは何も、宇宙の果てや深海だけでなく、こんなところにも隠れているのですね。

食後には、甘く優しい特製ラッシー。
これまた癖になる感じ。

ここはオススメ、カレーを食べるためだけに市場に来てもいいし、
そのついでに晩御飯の食材を買って帰る、なんてのもかなり楽しそう。

築地場内の超老舗「中栄」と並ぶ場内カレーの代表選手として盛り上がってきたら、面白いですね。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カレースタジオ ワイズキッチン



関連ランキング:カレーライス | たまプラーザ駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3061-d948b662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)