カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

新宿中村屋の新業態。「洋食レストラン 新宿中村屋 池袋東武店」(池袋)

創業115年の超老舗にして、昭和2年、日本で初めて印度式カレーのレストラン提供を始めた「新宿中村屋」が、
池袋東武に新しいレストランをオープン。


「洋食レストラン 新宿中村屋 池袋東武店」

2016年2月26日オープン。


老舗の洋食を和の御膳スタイルで提供する、「新宿中村屋」の新業態です。


和モダンテイストの内装も相まって、「Japanese Food としての洋食」を強く意識したお店となっているようですね。


★トマトファルシーサラダ ¥486

ほぉ、まるで懐石料理の一皿のよう。
実はこれ、くり抜いたトマトにバジル風味のポテトサラダを詰め込んだ一品なんです。

ジューシーなポテサラとキンキンに冷えたトマトがたまらないハーモニー。
男女関係なく女子力アップしてしまいそうです。

と、ここで本来なら、新業態ならではの「御前スタイル」を楽しんでもいいのですが・・・・何せカレー細胞。
カレーあるところ、カレーを避けては通れません。


新宿中村屋伝統の印度風カリーに加え、「洋食レストラン」ならではのローストビーフカリーもラインナップ。
逆に、新宿本店にあたる「新宿中村屋Manna」にある、インド風のコールマンカリーは無いようです。


★新宿中村屋伝統のインドカリー ¥1512

結局、定番メニューを注文してみました。
こちらが昭和2年からの伝統を受け継ぐ「純印度風カリー」。
今や日本人にとって強力なカレーの記号となったカレーポットで提供されるカレー。
骨ごとぶったぎった鶏肉がゴロンと入っています。

元々「新宿中村屋」のインドカリーにはたくさんの玉ねぎとヨーグルトが用いられているのですが、
こちらは本店よりも辛さマイルドで、ヨーグルトの量が多めな印象。

いや、私の舌なんて適当なものですから、コンディションによる誤差かも知れませんが、
いずれにしろ、まろやかで誰もが楽しめる味わいとなっていました。

と、ここまで食べて、やっぱりローストビーフカリーも気になっちゃったなぁ。
誰かレポしてください!!


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

洋食レストラン 新宿中村屋 池袋東武本店



関連ランキング:洋食 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3052-ddb18306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad