カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

最後に感じる豪華な気分。「トルコ料理 ゲリック」(外苑前)

世界三大美女ってのはクレオパトラと楊貴妃と小野小町らしい・・・
けど小野小町の存在を世界中の人々が知ってるはずもないからこれは、
「世界レベルの美女が日本にいる」という日本人の想いが籠ったBest3なわけですよね。

それから、世界三大スープ。
これはトムヤムクンとブイヤベースと、あと一つが何か、が論争らしい。
そもそも3つ確定していない段階で「三大」じゃないし、ブイヤベースが「世界三大スープの一つ」と紹介されることはまずないから、
これもやはり、「トムヤムクンというタイのスープが世界レベルで美味い」ことをアピールしたい意図が籠っているわけでしょう。

で、世界三大料理。
これはフランス料理と中華料理、それとトルコ料理ということで確定された言われ方をしています。
日本人からすれば、「え?トルコ料理?」と思うところでしょうが、西洋側から見ればトルコはオリエンタリズムの玄関。
また、宮廷料理としての贅沢な進化を遂げた点も、フランス料理や中華料理と同じ。
そういうところが理由なのでしょう。
日本においてはフランス料理、中華料理と比べマイナーなトルコ料理をアピールするとき、
必ずと言っていいほど「世界三大料理のひとつ」と紹介できるのも便利なものです。


「トルコ料理 ゲリック」

外苑西通りにある小さなトルコ料理屋さん。


「小さな」といってもほら、店内は豪奢。
さすがは「世界三大料理」。

この日はランチ訪問。

トルコの肉団子キョフテにライス、スープ、ライス、サラダ、チャイ、日替わりデザートが付いたセットがあったので注文してみました。


★ゲリックキョフテ ¥1080

あら、随分シンプルなプレートですね。
ライスの上にキョフテが乗っておりそのうえからヨーグルトソースがかかっています。

キョフテは肉団子。
インド料理のコフタと同じ語源ですよね。
こちらでは牛肉が用いられています。

かなりジューシーで牛の旨みたっぷり。
まるでステーキをいただいているよう。
トマトとスパイスで味付けされたヨーグルトソースがよく絡み最高!

うん、盛り付けはシンプルだが、味は「世界三大料理」らしく豊かだぞ。


レンズ豆のスープ。
あら、こっちは宮廷風ですね。
「世界三大料理」にふさわしい見た目!


食後はチャイとドンドルマ。


ドンドルマは昔ちょっとだけ流行った、トルコの伸びるアイス。
これ美味いんですよね。

ということで、美味しかったことは間違いないのですが、
カジュアルなストリートフードっぽさと、世界三大料理的な宮廷感を行ったり来たりして、
贅沢だったのか、お手軽だったのか、判別が難しい食後感のランチ。

けど、お会計時にこれを渡されて、一気に贅沢な気分に!!

ほら、お札っぽいでしょ?
ランチの元とれたような気分です!!
・・・ま、単なる次回割引券なのですが、デザインを高価なお札風にするだけで、こうも有難みが増すものなのですね。

流石!!


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ゲリック



関連ランキング:トルコ料理 | 外苑前駅表参道駅乃木坂駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3014-b171e218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)