カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

大阪スパイスカレー、カオスの時代。「カオススパイスダイナー」(四ツ橋)

日本、インド、スリランカ・・・それぞれのお店が枠に捉われず、独自&我流のカレーを生み出してきた、「大阪スパイスカレー」という文化。
もの凄い勢いでお店が増え、いわば「カオス」状態の大阪で、まさに時代を象徴するようなお店がアメ村のはずれにありました。


「カオススパイスダイナー」

「カオス」な「スパイス」カレーを提供する「ダイナー」。
実はこの「ダイナー」というのがポイント。


店内の広さもかなりあり、内装も個人店の範疇じゃないなあ、と思っていたら、
どうやら某セレクトショップが経営しているそう。
大阪スパイスカレーも随分ポピュラーになったものです。

メニューは1種盛り、2種盛り、3種盛りという選択肢。

事前情報で盛りが凄いと聞いていたので躊躇(大阪来たら連食しますから)していたのですが、
スモールサイズがあるとのことで安心です。

安心して、3種行けます。


★3種あいがけ(スモール)¥864
・カオスキーマ
・チキンスキャリオンカレー
・3種のダルマサラ
・白米&ターメリックライスブレンド
★ガイヤーントッピング +¥216


まず、盛り付けが素敵!
客がミーツ撮りしてインスタUPすることが充分考慮されたデザインです。
(「ミーツ撮り」とは、関西のグルメ情報誌meets誌上の料理写真に倣い真俯瞰から料理を撮影すること。)

これもまた、SNS集客全盛の今を象徴していますね。


カオスキーマは、辛味・甘味・酸味を兼ね備えたオリジナルキーマ。
ネギや白胡麻が用いられていたりと、和のエッセンスも。

スキャリオンは・・・まずスキャリオンって何やねん?ってことですが、
宇宙刑事でも何でもなくって、どうも青ネギのことらしいんですね。
洒落た言い方ですね。
「カモがスキャリオンしょってやってくる」とか言ったら、途端にカモがモード系になりますよね。

ダルはスキャリオンとカオティックに混じりあっています。


トッピングのガイヤーン(タイ東北部のグリルチキン)はズルい美味さ。
ただのグリルチキントッピングでも美味いはずのとこ、スパイスで浸け込んでるわけですから。

これをトッピングに起用したのは、実にズルい。

なるほど、一皿の上に和・洋・印・泰が共存するさまは確かに「カオス」。

けれど逆の見方をすれば、異なる食文化を一皿の上に共存成立させるために、
それぞれの元料理が持つ「アク」や、他料理との共存を阻害する「クセ」を引き算している部分もあるわけです。

ある種のフュージョンというか、コンチネンタル化というか。

そこで独自の個性が輝くのか、逆に没個性へと向かうのかは、まさに紙一重。
大阪スパイスカレーの向かう先は、まさにこの「紙一重」の危うさと隣り合わせなのだと感じます。


15時まで入店の限定サービスでコーヒーをいただきました。

なかなか良い店です。

けれど数年後、大阪スパイスカレーはどちらへ向かっていくのでしょうか。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カオス スパイスダイナー



関連ランキング:カレー(その他) | 四ツ橋駅心斎橋駅西大橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2998-9f544f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad