カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

北池袋の家庭的ネパール店。「ナマステカトマンズ」(北池袋/池袋)

池袋の果て、つまりはほぼ北池袋にある、ネパール人のお店。

「ナマステカトマンズ」

ありきたりのようで、意外とない店名。
吉祥寺にある同名店とは別経営ながら、シェフが兄弟関係だそうです。


店内わりとこじんまり、アットホームな雰囲気。
自分の部屋の如くリラックスしまくる、ちっちゃな看板娘。


★キリン一番搾り【生】小 ¥290

ビールは北池袋価格、嬉しいですね。


★モモ ¥550

日本語では「ネパール しゅうまい」という表記。
メニューには別に「コウテイ Kothey」 という「ネパール餃子」もあります。

こちらのモモは肉厚モチモチの皮に、ジューシーな具材。
そのままいただいてもかなり濃厚な味付けですね。
付け合わせのソースは、良くあるトマトを用いたゴルベラアチャールではなく、ゴマベースのスッキリしたものでした。

その他メニューには、グンドル(グンドゥリュク)カレーや、ジャネコダル、ダルバートなどネパール色濃厚なものも多々あれど、この日はマトンカレー気分。


★マトンミルチマサラ ¥980
★プレーンライス ¥250


そもそもマトンミルチマサラ=辛口マトンカレーなのですが、さらに4辛でオーダーしてみました。
これが大当たり。

良くあるインド・ネパール料理店のこってりクリーミィなカレーではなく、サラッサラで香り重視のカレー。
(けれどネパールのマトンカレー、カシコマスとも違うんですが)
玉ねぎの仄かな甘み、ガツッと効いた生姜、そしてシャープな辛さ。
これは辛くしてこそ美味いタイプのカレーです。

ライスにもさりげなくムラコアチャールが添えられていてナイスでしたよ。


★チャン ¥600

ネパール料理好きにはお馴染みの「ネパールどぶろく」。
ラッシーとマッコリの中間的な味わいで、まーこれはメニューにあったら絶対頼んじゃいますね。
ウマウマです。


食後にはチヤ(チャイ)のサービスがありました。

実にアットホームで居心地の良いお店です。
インド料理を過剰にアピールすることもなく、ネパール感覚で自然に作って提供しているあたり、好感が持てますね。

この地でもう10年越えの老舗。
一年そこそこで看板がすげ変わっていくようなお店とは一線を画しているわけだ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ナマステ カトマンズ 池袋店



関連ランキング:ネパール料理 | 北池袋駅池袋駅下板橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2970-77ad42e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)