カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

これは良いかも。駅ナカカオマンガイ。「カオマンガイキッチン」(大宮)

2015年11月にリニューアルした大宮エキュートに、なんとカオマンガイ専門店が登場。


「カオマンガイキッチン」

ピンクのカオマンガイこと「ガイトーン東京」の登場以来、認知度アップしたカオマンガイ。
けれど、ホントは並んで食べるというよりも、サッと立ち寄りパッといただく手軽な労働者メシ、
といった位置づけがふさわしい食べ物なんですよね。

そういう意味でも駅ナカという立地は実にナイス。
見た瞬間、「これはアリだ!」と思ってしまいましたよ。


カラフルでポップながら、どこか屋台を思わせる内装。


メニューにはカオマンガイの他、各種麺類、ガパオ、グリーンカレーなど。
夜メニューには酒のアテとなるヤムウンセンなどもありました。


★ダブルカオマンガイ ¥815

なんと!蒸し鶏タイプの「カオマンガイ」と、揚げ鶏タイプの「カオマンガイトード」のダブル盛り!
これはワクワクしますね。


ボリューム自体は食事としてはちょい控えめ。
けど、その感じがタイの屋台っぽくていいんです。

添えられた鶏ガラスープには、プルプルな骨付き鶏足(もみじではない)が入っています。


さて、肝心の鶏をいただいてみましょう。
蒸しも揚げも、水分脂分がいい具合に抜けた締まり具合。
ライスも一見パサッとしているように感じますが・・・それでいいのです。

何故なら・・・

鶏肉と並ぶカオマンガイの生命線ともいえる、漬けダレ各種。
これが実に良かった!

用意されているのは、
・ジンジャーソース
・スイートソイソース
・タオチオソース
・スパイシーサワーソース


の4種。
磨り下ろし感が爽やかなジンジャー、ネットリ甘いスイートソイ、
味噌をピリっとさせたタオチオ、癖のある変化球のスパイシーサワー。
その振り幅が実に良い!!結構攻めてますよ。


小皿はないので、皿の脇にちょっとずつ取って、パレットのように混ぜてゆきます。
あら、これは十二分に美味いですよ。

タレによる味の変化と、蒸し・揚げ両タイプの食感の違い、最後まで飽きることなくいただけました。

実はこのお店、「マンゴツリー」や「コカレストラン」と同じ経営母体。

「なんだ、チェーン系か」と思ってしまう向きもあるかと思いますが、このソツのなさと程よきユルさを駅ナカで実現するには、
母体がしっかりしていないと無理。

実際、カオマンガイ屋台という業態と駅ナカ立地がこんなに合うとは!と感心してしまいます。
味も割と攻めているし、これはヒットと言ってよいのではないでしょうか。

朝は7時からタイの雑炊「カオトム」を390円で振る舞っています。
大宮駅が羨ましい!


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カオマンガイキッチン 大宮

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:タイ料理 | 大宮駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2966-494707d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)