カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

まさか!の至福のセンベロで、至福のつくねとネパなど。「やきとり居酒屋 スタイリス屋」(桜台)

毎日カレーばっかり食べていると、カレーに対する嗅覚が鍛えられてくるだけでなく、
こちらが意識せずとも、面白いカレーがひょいと眼の前にやってきて驚くことがあります。

いわゆる「引き寄せの法則」ってやつでしょうか。

この日訪れたお店も、かなりの引きの良さ。
ホント、ビックリしちゃいました。


・・・・真夜中1時過ぎ、桜台。

もう開いてるカレー屋もないし、松屋って気分でもないし・・・あ、
確か駅前に朝まで開いてる中華料理屋さんがあったぞ。

ところがこの中華、こんな時間に満席。

あぁ~、と思っていたところに目についたのが、このお店なんです。


「やきとり居酒屋 スタイリス屋」

・・・なんだか、奇妙な名前だなぁ。


しかもよく見りゃ、Asian Dining & Barって書いてありますよ。

どう見たってダイニングバーじゃないし、どう見たって焼き鳥メインの居酒屋。

けれど、せっかくだし、入ってみましょうか。


店内も完全に居酒屋です。

店員さんは・・・・はて、どこの国の人かな?

お品書きを見てみましょう。

・・・ほっほぉー、安いですねぇ。

こりゃセンベロ居酒屋だ。

・・・おや、ちょっと待ってください。

なんか、モモがありますよ!!

あ、ひょっとして!

そうか!!

実はこちらのお店、ネパール人による焼き鳥居酒屋。
2015年10月3日にオープンしたばかりだそうです。

ネパール人って、手先が器用で、しかも日本人(それも呑兵衛の日本人)と味覚が近いのか、
焼き鳥とか焼かせたら実に上手いよなぁ、と前々から思っていたのですが、堂々「焼き鳥屋」を名乗るパターンはそうそうないかも。

これは面白そうです!!


★ハイボール ¥190

なみなみの量でこのお値段。
センベロの鏡です。最高。


★酒盗チーズ ¥300

これまた居酒屋定番メニューですね。
けど、クリームチーズと思いきや・・・カッテージチーズ!?

ん、ひょっとしてインドのパニールかしら?と思って聞いてみたら、
「いえ、違います。ここは日本の居酒屋です。」との答え。

なんにせよ美味いです。


★ぼんじり ¥120
★せせり ¥120


いやぁ、これはいい焼き鳥ですわぁ・・・・塩でお願いしたのですが、
安いだけでなくなかなかのクオリティですぞ。
流石ネパール人、ここは隠れた名店かも・・・・

・・・・そして、その予感は次のこの品で確信へと変わりました。


★つくね ¥150

これが!!

めちゃ旨かった!!!


軟骨入りの手作り感たっぷりのつくね。
旨みと香ばしさ、そして食感、どれをとっても最高です!!

ひょっとして、インドのコフタ?なんて聞くことはなかったですが、
とにかくこれは素晴らしいつくね、良いつくねです!!!


★ねぎま ¥120

これまたネギまで味が浸みて美味いなぁ。
この店の焼き鳥のクオリティ、実に間違いないです。
(あとで知ったのはこのご店主、「秋元屋」での修業経験があるそうです)


★モモ(ネパール小籠包) ¥350

小ぶりですが、この価格は嬉しすぎ。
ちょいと薄めの皮で、これまた手作り感満載のモモ。
漬けダレ(ゴルベラアチャール)もピリッとしつつも家庭的な味わいで素敵です。


★チーズハムカツ ¥300

あぁ、これもまた最高ですね。
ホントにチーズとハムが挟まってます、当たり前ですが。
しかも揚げたてです。
当たり前のようで当たり前でない、イチから手作りの温かみが実に素敵。


★ネパールのだったんそば焼酎 「そむらす」 ¥400

お酒はいくつかネパールのものが。
ククリラムに、エベレストビール・・・

この「そむらす」は厳密にはネパールのお酒ではなく、
ネパールの高地で生産された韃靼蕎麦を原料に、長野県のそば焼酎を手掛ける酒造会社が製造したものらしいです。
たしかにネパールの産地では、蕎麦を食べますからね。
ディードにセルロティに・・・・

さて、ここまで居心地の良い居酒屋もそうそうなく、朝までずっと居座っても良かったのですが、
人間歳とともに節度なるものが芽生えてきまして・・・・(嘘)

ま、ちょっと眠くなってきただけなんですけどね。

〆にはやはり、これを頼まねばなりますまい。


★ひと口カレー ¥300

一般の人は、「え?これ、カレー??」って思うかも知れません。

マニアな私はニヤリです。

だってこれ、ネパールの家庭で日常的に食べられている「タルカリ」ですもの!!
そう、ダルバートにドサッと盛られているあのおかずが、ライスに盛られた小鉢なんです。
これでダルスープあったらミニ・ダルバートだよ!!

ホクホクに煮込まれた野菜は、ほっこり家庭の味。
その中から仄かに香るクミン。

真夜中に最高の〆ですわ。


ネパール人の店とはいえ、基本は日本の居酒屋。

けれど、滅茶苦茶安いのに料理の味は確か、
しかも「つくね」というキラーコンテンツもある、まずはセンベロとしてかな~り優秀なお店。

そこにチラホラ、ネパール家庭のエッセンスが入り込んでるものですから、その多幸感ときたらスンゴイものがあるわけです。

もちろん、ガチガチに辛くてスパイシーじゃなきゃ嫌だというカレーマニアや、
エレガントなレストラン料理じゃなきゃヤダっていうエリートグルメな方にはお勧めしませんが(笑)

私の周りには、この店にハマりそうな呑兵衛、結構いると思いますよ。

営業は朝の5時まで。便利ですが、危険ですね(笑)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2945-e445e88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)