カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

掘り出し物!独創フレンチなカレーランチ。「36.5℃ kitchen」(代々木上原)

お昼どき、何のあてもなく代々木上原駅に降り立てば、いきなり面白いカレーと出会いました。

これだから「直感」という類の能力は侮れませんね。


「36.5℃ kitchen」

サンジュウロクドゴブキッチン、と読みます。
つまり平熱ですね。


店名の下には、『Bistro Curry Bal France Hokkaido』とあります。

夜はビストロ、昼はカレー、バルとして飲め、フレンチの技法と北海道の食材を用いた料理が楽しめるお店、
ということのようです。

面白いですね。



ドライフラワーに彩られた店内は、割とストイック。
ランチメニューは三種あるのですが、やはりカレーの注文率が高そうでした。


★キーマとフレンチの2色カレー ¥1000

見てください、このオリジナリティ!!
実に美しく、他に似たもののないカレーです。


左側の黄色いカレーが「フレンチカレー」。

カレー粉を用いず、スパイスとハーブ、そして生クリームを用いた独特なカレー。
とろりクリーミーな舌触りに、ローズマリーの香り、そして粗挽きキーマの弾力・・・これはかなりオンリーワンな味わい。
ちなみに生クリームはタカナシ乳業、もちろん北海道のメーカーでした。

そして右側がキーマカレー。
粗挽きキーマは豚と牛の合いびき。
こちらも辛さはほどほどで、どちらかといえばリッチな味わいでした。

サラダの野菜もしゃきっとしており、ライスも美味い。
独創的でありながら、何とも完成された一皿です。

これは、かなり掘り出し物のカレーといえるでしょう。


食後にはセットでコーヒーが付いてきます。

これで1000円は、決して高くない。

この、腕が立つ若きイケメンオーナーシェフ(←なんて素晴らしい肩書き!)、宮本岳さんは北海道出身。
ミシュラン星付きレストランで修業、調理師専門学校の講師もつとめた方とのこと。

なるほど、オリジナリティと完成度を両立できるのは、基礎がしっかりしているからなのですね。

カレーはランチのみですが、夜のビストロ営業では北海道直送の美味しいお米を使ったリゾットがいただけるそう。
こちらも楽しみですね。

ワンちゃんもOKとのことで、愛犬家にも嬉しいお店なのでした。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サンジュウロクドゴブキッチン

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:ビストロ | 代々木上原駅東北沢駅代々木八幡駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2938-c0db592d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad