カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

東京で、珍しいチベット料理を堪能しまくる。「チベットレストラン&カフェ タシデレ」(曙橋)

東京には驚くほどの数の各国料理店があります。
エチオピア、ブータン、パラグアイ、ベラルーシ・・・・

しかし食文化はなにも国境だけで区分けされているわけではありません。


「チベットレストラン&カフェ タシデレ」

都内でも珍しい、チベット民族料理のお店。
ご店主はネパールに亡命したチベット系二世の方。

(写真はご店主ではありません)


この日本の地で、チベットの味を忠実に再現しているとのことです。


★白ワイン デキャンタ ¥850

ワインはデキャンタがお得。
かなりお得です。


★ベジチーズモモ 3P ¥600

ネパール料理にもあるモモ。
こちらはチベット式ですから、より中華寄りのカタチですね。
モッチモチムチムチの皮の中に野菜とチーズ、どことなくブータン料理を彷彿とさせますね。


★ラブシャ ¥900

羊肉と大根を炒めて煮込んだチベットのスープ。
大根に羊の旨みがしっかりと沁み込んでいて、どこか日本の郷土料理のような風情も。


★ティンモ ¥250

中国のマントウにも似た、チベットのパン。
ラブシャをつけていただきます。


★ツァンパセット ¥700

「ツァンパ」は、はったい粉に似た麦の粉で、チベット人の主食だそう。
携帯でき保存できるため、遊牧生活に適しているのでしょう。


ジャ(バター茶)を加え、練り団子を作るようにコネコネします。


ちょっと楽しい。


出来た!

粒状の硬いチーズ「チュラ」をつけたり、「ラブシャ」に浸したり、食べ方はいろいろ。
ちょっと、ネパールのディードを柔らかくしたような食感です。
あっちは蕎麦粉ですけどね。


★シャプタ(ラム) ¥1150

薄切りの羊肉と野菜のスパイス炒め。
中華料理のようで中華料理でない、南アジア料理のようで、やっぱりそうでもない、
独特の味付けは、結構日本人好みじゃないでしょうか。


★ツァンパケーキ ¥450
ハチミツ豆乳アイス添え +¥100
★ルンティー ¥500


ツァンパから作ったケーキは、密度あるパウンドケーキタイプ。
ドイツ菓子のようですね。

ルンティーは抗ストレス・不眠に効果があるハーブティーとのことで、東京では需要が多そうです。

どの料理も決して辛すぎず、油っこすぎず、けれど味つけはしっかり
「日本の地方郷土料理だよ」と言われたら信じてしまいそうな親しみある美味しさに溢れています。

メニューにはわかりやすいインドカレーもある一方、チベットのご馳走鍋「ギャコック」なんかもあったりして、なかなか多彩。

ゆとりある広さの店内では、チベット関連のイベントやワークショップなども積極的に行われているようです。

知られざるチベット文化に触れるには、まずここを訪れるのがベスト。
そう思わせてくれる素敵なお店です。

再訪必至!


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タシデレ

夜総合点★★★★ 4.4



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 曙橋駅四谷三丁目駅四ツ谷駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2918-0099e9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)