カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

京都の老舗喫茶店で激辛カレーをいただく。「喫茶 茶の間」(丸太町)

京の都の奥深さは、どんなに中心街であっても、格子状の通りをひとつ裏へ入れば、長屋や町家が織り混ざった住宅地があり、そこで日常の暮らしが営まれているところにも表れています。

京都御所から烏丸通りを挟んだ場所にある護王神社、通称「イノシシ神社」の裏。
静かな住宅街で、朝から営業している喫茶店。


「喫茶 茶の間」

1966年の創業以来半世紀もの間、京都の人々に愛され続けてきたこの老舗の看板メニューは、カレー。

当時のバイトのスリランカ人が作るカレーからヒントを得たという名物カレーは、幾多の雑誌にも取り上げられてきました。


お店は母娘二代での切り盛り。


喫茶店なのに、毎朝スパイスを挽くところから始めるため、カレーの提供は11時から。

この日は10時30分頃お店に着いたので、カレーが出来上がるまでの間、先にセットのコーヒーを出していただき、ゆったり寛いでみました。



ぼちぼちと、お店に集まってくるご近所の常連さんたち。

川藤の選手時代についての、アツいトークに耳を傾けていると、ほどなく芳ばしいスパイスの香りが・・・

お待ちかねのカレーが登場です!


★バターコーンカレー・大辛 セット ¥1100

カレーは基本のビーフカレーながら、ライスの上にコーンのバター炒めが乗った魅惑の一品。
散りばめられたコーンフレークは、スリランカのパパダムの代わりだそうです。


スリランカカレーをヒントにしたというカレーは流石にシャバシャバ。
が、しっかりとした牛肉が入っており、欧風カレーとしての風合いもあるオリジナルっぷり。
コーンの香ばしさとのマッチングもまた素敵。


そして、選べる辛さをMaxの大辛にしたのですが、喫茶店カレーの範疇を超えるヒーヒーぶり!
やはり京都は唐辛子の産地ですからね!

とはいえ、殺人的辛さではないのでご安心を。

辛い旨い言いながらどんどん食べていると、ご飯があまりそうなペースに。

そしたらなんと、お母さんがやってきて、カレーを継ぎ足してくれました!

これは実に嬉しいですね!

老舗喫茶店の寛ぎと、激辛カレーの刺激。
そのオンリーワンなギャップも楽しく、喫茶店好き激辛好きなら是非、足を運んでいただきたいお店ですよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

喫茶茶の間

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:カレーライス | 丸太町駅(京都市営)今出川駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

ドンピシャで来週京都行くんですよねぇ~(*´з`)
行ってみようかな。

  • 2016/02/15(月) 20:51:23 |
  • URL |
  • 聖流 #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/02/16(火) 18:39:57 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

行ってみてください。
ちょっと独特の雰囲気です。


あと、森林食堂って店がかなりヤバいです。


> ドンピシャで来週京都行くんですよねぇ~(*´з`)
> 行ってみようかな。

  • 2016/02/16(火) 22:50:39 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

了解しました(*´ω`*)

京都の楽しみが増えました!

  • 2016/02/20(土) 17:26:04 |
  • URL |
  • 聖流 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2885-63bb81aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad